スイスの視点を10言語で

学校での主権者教育をどう強化すべきでしょうか?

担当: Bruno Kaufmann

政治教育は中学校の必修科目とすべきなのでしょうか?ご自身は学校で民主主義教育を受けたことがありますか?

あなたのご経験について、世界の読者と共有してください!

人気の記事

この記事にコメントする

利用規約に沿って、コメントをご記入ください。 ご質問やご意見がございましたら、ご連絡ください。
famamstutz@bluewin.ch
famamstutz@bluewin.ch
投稿文はDEから自動翻訳されます。

中等教育における基本的な政治教育の前段階は、わが国の最近の歴史と世界の出来事の節目を教える上級の歴史の授業である。それは、現在の政治的成果が長い闘いの中で勝ち取られたものであるという本質的なつながりと考え方を理解することである。

残念なことに、現在の中等教育における教科としての歴史は非常に拡散しており、基本的な歴史教育に何が含まれるかについて明確な指針が示されていない。カリキュラム21は、内容に関して非常に多くの示唆を含んでいるため、教室ではかなり恣意的なアプローチが蔓延している。このような方向性の欠如と、歴史の授業が十分に活用されていないという悩みの結果、ほとんどの教師は、コンセプトのないいくつかのトピックを選び出す傾向があり、明確な構成を見送らざるを得ない。

歴史の授業はエキサイティングであるべきで、関連するトピックを深く取り上げ、クラスでのディスカッションで基本的な政治問題に取り組む機会を若者に与えるべきである。しかし、中心的な歴史的トピックに関するしっかりとした基礎知識がなければ、深い政治的議論を行うことは難しい。
したがって、小学校における歴史の授業の充実は、根拠のある政治的意見を形成するための第一歩を踏み出すための基本的な前提条件である。

Vorstufe der politischen Grundbildung in der Sekundarschule ist ein aufbauender Geschichtsunterricht, in welchem die Meilensteine der neueren Geschichte unseres Landes und des Weltgeschehens vermittelt werden. Es geht dabei um das Verstehen wesentlicher Zusammenhänge und die Vorstellung, dass unsere aktuellen politischen Errungenschaften in langen Auseinandersetzungen erkämpft wurden.

Leider ist das aktuelle Profil des Fachs Geschichte in der Sekundarschule sehr diffus und gibt keine klare Vorgaben, was zur geschichtlichen Grundbildung gehört. Der Lehrplan 21 enthält inhaltlich so viele Vorschläge, dass ziemliche Beliebigkeit in den Schulzimmern vorherrscht. Als Folge dieser Orientierungslosigkeit und der ärgerlichen Unterdotation bei den Geschichtslektionen picken sich die meisten Lehrpersonen eher konzeptlos einige Themen heraus und verzichten notgedrungen auf einen klaren Aufbau.

Geschichtsunterricht soll spannend sein, relevante Themen vertiefen und den Jugendlichen Gelegenheit geben, sich in Klassendiskussionen mit politischen Grundfragen auseinanderzusetzen. Doch ohne solides Basiswissen über die zentralen geschichtlichen Themen sind vertiefte politische Diskussionen schwer vorstellbar.
Die Aufwertung des Geschichtsunterrichts in der Volksschule ist deshalb eine Grundvoraussetzung für erste Schritte zu einer fundierten politischen Meinungsbildung.

Gioboa
Gioboa
投稿文はFRから自動翻訳されます。

市民教育は昔もあったし、私には楽しい思い出がある。国の法律を尊重し、年長者を敬い、弱者を敬うことから始まり、私たちは目を見開き、公共交通機関で席を譲ることを学んだ。今日、正義の天秤は完全に左に傾いている。義務というものは、私たちの価値観とともに、私たちの文化圏外からの習慣や風習の弊害となって消えてしまったようだ。もちろん、市民教育への回帰は必要だが、それは新しい潮流に洗脳されていない教師たちによって中立的な方法で教えられなければならない。

L'éducation civique existait par le passé et j'en ai de bons souvenirs car il n'était question d'aucune prise de parti par l'enseignant. Cela commençait par le respect des lois de notre pays, par le respect des anciens, des plus faibles; nous avions appris à ouvrir les yeux, à céder notre place dans les transports publics. Aujourd'hui la balance de la justice penche complètement à gauche, voire très à gauche où règne la politique des droits uniquement. Les devoirs semblent avoir disparu ainsi que nos valeurs au détriment d'us et coutumes extérieurs à notre culture. Bien sûr que nous aurions besoin d'un retour à l'éducation civique, mais encore faudrait-il qu'elle soit enseignée de façon neutre par des enseignants non endoctrinés par les nouvelles tendances; existent-ils encore ?

MARCO 46
MARCO 46
投稿文はITから自動翻訳されます。

むしろ問題はその逆で、学校での組織的な左翼的「民主主義」教育を避けるにはどうすればいいのだろうか。その意味で、学校はすでに民主主義的平等主義的すぎるし、「すべてを受け入れる」「目覚める」「虹のような」「平等主義的イデオロギー的非実力主義的な」等々の文化から派生する多くの問題も生み出している。
そして、かなりの程度、彼らはすでに成功している!実際、今日の若者の大半は左派・緑派に投票し、それ以外はどちらかといえば中道派で、右派への明確な抗議の流れがある。このような若者の不均衡はなぜ生じたのか?単純なことだ。1968年以降、学校、公共機関、公共メディアに入り込み、自分たちの信条を広め、布教することが学者に課せられたイデオロギーだった。 結果:一途な若者たち、「この病んだ資本主義社会」でのキャリア主義的コミットメントの拒絶。ミニマリストの仕事、責任からの逃避などなど。

Il problema semmai è all'opposto: come si può evitare la sistematica educazione "democratica " di sinistra nelle nostre scuole? In tal senso sono già sin troppo democratiche-egualitarie e generano pure un sacco di problemi derivati dalla cultura "all inclusive", "woke", arcobaleno, egualitaria ideologica non meritocratica, ecc. ecc.
E in gran parte ci sono già riuscite! Infatti la maggioranza dei giovani oggi votano a sinistra-verde, mentre il resto è piuttosto centrista con decise derive protestatarie a destra. Come mai si è giunti a questo sbilanciamento giovanile? Semplice: dopo il 68, l'imperativo ideologico degli universitari fu di entrare nelle scuole, negli enti pubblici, nei media pubblici, per seminare il loro credo, per fare proselitismo, tant'è che la stragrande maggioranza degli insegnanti oggi è sempre ancora di sinistra, professori universitari compresi. Risultato: giovani dal pensiero unico, rifiuto dell'impegno carrieristico in "questa società capitalista malata" , lavoro minimalista, generale fuga dalle responsabilità, ecc.ecc.

brunokaufmann
brunokaufmann
投稿文はENから自動翻訳されます。
@MARCO 46

親愛なる@Marco46へ 非常に興味深いコメントで、多くの新たな疑問が湧いてきました:あなたは学校から市民教育を排除することを望みますか?また、実際に民主主義教育からどのような問題が派生するとお考えですか?また、あなたは、若い有権者の多くは左派・緑の党を好むと書いていますが、実際には、最近のほとんどの選挙では逆の結果が出ています:多くの強硬な右派政党は、若い有権者、いわゆるティクトク世代に最も人気があります。つまり、あなたの言う一本調子とは、結局のところ非常に両義的な現象なのかもしれない。それとも、あなたの主張を裏付けるデータがあるのですか?

Dear @Marco46 very interesting comment which leads to many new questions: would you prefer to exclude civic education from schools? And which problems do you see can be derived from democracy education in practice? Also, you write, that most younger voters prefer left-green parties, but in fact, in most of the more recent elections we have registered the contrary: many hard right parties are most popular with the youngest voters, the so called tiktok generation. So, the single-mindedness you are indicating may be a very ambivalent phenomenon after all. Or do you have data supporting your argument?

Elena Lacroix Jaeggy
Elena Lacroix Jaeggy
投稿文はFRから自動翻訳されます。

盟約者団の基礎と、あらゆる言語的多様性を持つ国民を今なお結びつけている法的枠組みを訪れ、再検討することは、私には必要不可欠なことのように思える。
キリスト教に強く根ざした市民教育のおかげで、何世紀もの間、分裂や断絶を起こすことなく、この国を横断することができたのである。若者たちは、この例外的な市民のバランスについて教えられなければならない。彼らは私たちの憲法の守護者なのだから。
私は、他の文化や宗教が自分たちのものではない空間に侵入してくることを危惧している。価値観、規範、文化の根本的な乖離だ。ヨーロッパでは、私たちは奈落の底に瀕している。

Il me semble une condition sine qua non de visiter et revisiter les fondements même de la Confédération et la charpente juridique qui maintient encore indemne un peuple dans toute sa diversité linguistique.
L'éducation civique fortement imprégnée du christianisme a permis de traverser les siècles sans dislocation ni rupture. C'est l'apprentissage de cet équilibre civique exceptionnel qui doit être communiqué aux jeunes. Ils sont les gardiens de notre Constitution.
Je vois avec appréhension l'immiscion d'autres cultures et religions dans un espace qui n'est pas le leur. Une divergence fondamentale de valeurs, de codes, de culture. Nous sommes en Europe au bord de l'abîme, Dieu veuille que la Suisse en soit épargnée

baumgartner.fred
baumgartner.fred
投稿文はDEから自動翻訳されます。

親愛なるカウフマンさん、私はこの政治教育を誰が教えるべきか知りたいのです。スイスの教師が左翼的な政治的バイアスをもっていることを考えると、この授業の学習目標はどのようなものになるのか興味があります。この "政治教育 "が政党政治的な洗脳に陥る危険性はないのだろうか?スイスの中等学校の教師たちは、政治的に成熟し、この責任を負えるほど自立しているのだろうか?私は率直に言って懐疑的だ。

Sehr geehrter Herr Kaufmann, ich möchte gerne wissen, wer diese politischen Bildung unterrichten soll. Ich bin neugierig, welche Lernziele dieser Unterricht hätte, wenn ich die tendenziell linke politische Grundeinstellung unserer Lehrkräfte in der Schweiz betrachte. Besteht nicht das Risiko, dass diese "politische Bildung" in parteipolitische Indoktrinerung ausarten könnte? Sind unsere schweizerischen Lehrkräfte auf Sekundarstufe politisch reif und unabhängig genug, diese Verantwortung zu übernehmen? Ich bin offen gesagt skeptisch.

brunokaufmann
brunokaufmann
投稿文はDEから自動翻訳されます。
@baumgartner.fred

親愛なるバウムガルトナー様。あなたのご質問は、スイスの文脈では古くからのものであり、正当なものです。というのも、スイスの学校制度は世界的に模範的であると考えられており、スイスの教師は最も訓練されたプロフェッショナルであると認められているからです。だから、この国の学校で「民主主義」という教科を有益で目標に沿った形で導入し、教師と生徒とともに発展させることができないのは、むしろ奇妙なことのように思える。このような社会には、民主主義を支えるインフラが必要なのである。包括的な共同決定プロセスを管理する「チャンセラー」(当局)という形であれ、それに付随する民間および公共のメディア機関という形であれ、また、若い有権者が意思決定者としての重要な役割を十分に果たせるようにするための「義務的」な民主主義の授業という形であれ。

Sehr geehrter Herr Baumgartner. Ihre Frage ist ebenso berechtigt wie alt im schweizerischen Kontext. Gleichzeitig scheint sie mir ein Widerspruch in sich darzustellen, gilt doch das Schweizer Schulsystem weltweit als vorbildlich und gehören die Lehrkräfte in der Schweiz anerkannterweise zu den am besten ausgebildesten und professionellsten. Da scheint es mir doch etwas merkwürdig, dass es nicht möglich sein sollte, das Fach "Demokratie" an den Schulen dieses Landes auf eine nützliche und zielführende Art stufengerecht einzuführen und gemeinsam mit den Lehrenden und Schüler zu entwickeln. Wir leben in einem Land, dass von uns Bürgerinnen und Bürger viel verlangt was die Übernahme von Verantwortung im Gemeinwesen betrifft: eine solche Gesellschaft braucht eine die Demokratie mutunterstützende Infrastruktur, sei es in Form von "Kanzleien" (Behörden), welche die umfassenden Mitbestimmungsprozesse verwalten, sei es in Form von gut aufgestellten privaten wie öffentlichen Medienhäusern, welche diese begleiten - und sei es eben auch in Form eines 'obligatorischen' Demokratieunterrichtes, der dazu beiträgt, dass unsere jungen Stimmberechtigten gut ausgerüstet ihre wichtige Rolle als Entscheidungsträger ausüben können.

MARCO 46
MARCO 46
投稿文はITから自動翻訳されます。
@baumgartner.fred

その通りだ!左翼学校(!)では、少なくとも半世紀にわたって左翼の洗脳教育が行われてきた。

Centrato! Nelle scuole di sinistra (!) è almeno da mezzo secolo che c'è indottrinamento di sinistra: v. il mio commento qui sopra

MARCO 46
MARCO 46
投稿文はITから自動翻訳されます。
@baumgartner.fred

正鵠を射ている!

centrato in pieno!

brunokaufmann
brunokaufmann
投稿文はENから自動翻訳されます。
@MARCO 46

...しかし、上のコメントに付け加えたように、強硬な右派政党が若い世代から多くの有権者を得ているのを見ると、最近の情勢にはあまり合っていないのかもしれない...

...but as I added to your comment above, maybe not very much in tune with more recent developments, seeing the hard right parties derive many voters from the young generation...

TheSwissPoliticalSystem.com
TheSwissPoliticalSystem.com
投稿文はENから自動翻訳されます。

あなたの懸念は理解できるが、スイスやアメリカ、そして事実上すべての代議制民主主義国家の悪い状況は、民主主義に関する正式な教育とは無関係である。代議制民主主義」は矛盾しているのだ。古代ギリシャ風の民主主義から始まったフランス革命の最中、ピエール・フランソワ・ロベールという代議士は、革命の指導者たちが「代表民主主義」を思いついたのを見て、こう言った。彼ははっきりとこう言った:「代表制があるならば、それは民主主義ではない」。残念なことに、権力への野心からか、真の民主主義を機能させることができなかったのか、ロベール氏は無視された。

その結果、私たちが民主主義国家と呼んでいる国々は、スイスを除いてすべて本当の民主主義国家ではなく、さまざまなバージョンの「選挙で選ばれた貴族」であり、共産主義、ファシスト、テオクラシーのような全体主義体制よりは大きく改善されているが、民主主義国家ではない。

スイスは書類上は代議制民主主義国家とみなされるかもしれないが、スイス国民が権力を持ち、年に数回それを行使して、自分たちが決めたいことは何でも絶対に決めることができ、その決定は政治家を拘束し、国の最高裁判所でさえ国民投票の結果を評価することができないという事実が、スイスを本当の民主主義国家にしている。

スイスがこの制度を維持する限り、スイスで民主主義の危機が起こることはないだろう。 スイスの制度は、政治家が常にスイス国民の意思に沿うことを保証している。そうしなければ、スイス国民が国民投票によって政治家を元に戻すからである。

国民が政治を司る、あるいは国民が政治家の下した決定、政策、法律、条約を覆す直接的な権力を持ち、政治家に新たな政策、法律、その他を導入するよう働きかけることができる場合にのみ、その国は民主主義国家とみなされるのだ。

スイスのシステムは民主主義の真の実践である。学校で教える必要はない。大工や外科医が、すでに実践していることを学ぶために教室に座る必要がないのと同じだ。

フランス、イタリア、ドイツ、イギリス、アメリカ、カナダなどの制度は民主主義ではない。フランス、イタリア、ドイツ、イギリス、アメリカ、カナダなどは民主主義国家ではない。なぜなら、すべての重要な行政権と立法権は政治家の手にあり、国民は代表者を選ぶ権限しか持っていないからだ。

エコノミスト』誌などが発表している民主主義の質に関するランキングには、深い欠陥がある。というのも、民主主義とは「国民による統治」であり、その点でスイスの右に出る国はないからだ。エコノミスト』誌は、スイスより質の高い民主主義を持つ国として、他の9、10カ国を挙げている。最も民主的な国としてスカンジナビア諸国を挙げているが、スカンジナビア諸国では、スイスのように国民が政治家に対して権力を持つ国はない。

スイス、スウォス国民に民主主義教育は必要ない。それどころか、スカンジナビア人、フランス人、アメリカ人、スペイン人、イタリア人、イギリス人、そしてテスト生こそ、スイスのシステムについての教育が必要なのだ。彼らがそれを知れば、スイスのシステム、あるいはより民主的なシステムを支持するようになるに違いない。

I understand your concerns but the bad situation of other democrscies around Switzerland, in the US and practically all representative democracies is unrelated to formal education about democracy. The hard truth is that "representative democracy" is an oxymoron. Alreday during the French Revolution, which started as a real ancient Greek style democracy, a French deputy, Pierr Francois Robert, put it well when he saw some leaders the Revolution coming up with the concepr of "representative democracy". He clearly stated: "if there is representation it is not democracy". Unfortunately, out of ambition for power or inability to make real democracy work, Monsieur Robert was ignored.

The result is that all the nations we call democracies, with the exception of Switzerland, are not real democracies, they have various versions of " elected aristocracies", it is a big improvement over totalitarian regimes like Communist, Fascists or Teocracies, but they are not democracies.

While on paper, Switzerland could be considered a representative democracy the fact that the Swiss people have the power and use it several times per year to decide ansolutely anything they want to decide, and their decision is binding on politicians., and not even the highest court in the land can even evaluate the results of referendums, makes Switzerland a real democracy, the only one at the national level, although Taiean and Uruguay do have some of the provisions of the Swiss system, but lack some key ones.

As long as the Swiss keep their system there will not be a crisis of democrscy in Switzerland. The Swiss system ensures that politicians always stay in tune with the will of the Swiss people, they have to because if they do not the Swiss people will bring them back in line by means of a referendum amd that is why and Swiss politicians are not controlled by party politics, ideology, demagoguery or lobbies (all kinds of lobbirs) the way they are in representative democracies.

The hard truth is that a country can only be considered a democracy if the people govern or if the people have the direct power to prevail over any decision, policy or law or treaty produced by the politicians amd can also push the politicians to put in place new policies, laws, et.

The Swiss system is the real practice of democracy. No need to teach it at schools. Swiss people learn democracy because they practice it, just like a practising carpenter or surgeon does not need to sit in a classroom to learn what he already practices.

The brital truth is the system in France, Italy, Germamy, UK, US. Canada, etc ate not democracies because all key executive and legislative powers lie in the hands of politicians and the people only have the power to elect representatives, not to prevail directly over their decisions.

Let me take this opportunity also to say that the rankings of democracy's quality published by The Econist and other publicatipns ate deeply flawed because thay do not place Switzerland as the country with the democracy of the hoghest quality, way above the rest, because democracy is "governmemt by the people" and no country comes close to Switzerlamd in that regard. The Economist has the cheek of placing some other 9 or 10 countries as having democracies of higher quality than Switzerland, they place the most democratoc countries the Scandinavians when in no Scandinavian country do the people have power over politicians amywhere close to what the Swiss have.

Switzerland, the Swoss people, do not need democratic education, on the contrary, it is the Scandinavians, the French, the Amicans, the Spanidh, Italians, the British and the test who need education about the Swiss system. I am certain once they know it, those people will demamd the Swiss system or even more democratic.

brunokaufmann
brunokaufmann
投稿文はENから自動翻訳されます。
@TheSwissPoliticalSystem.com

洞察に満ちた、献身的なご寄稿をありがとうございました。私は、40年以上にわたって民主主義を実践し、研究し、観察し、世界的に(民主主義について)報道してきたので、直接民主主義の手段の重要性については、多くのご意見を共有します。しかし、イニシアティヴや国民投票のような手段は、代議制民主主義を打ち消すものでもバランスをとるものでもなく、代議制民主主義をより代議的なものにするものであり、間接的なものとは違うと私は考えている。近代的な代議制民主主義に必要なのは、国民が問題を決定したり、議題を設定したりする可能性だけではもちろんない。法の支配、三権分立、さまざまなレベルの民主的意思決定の尊重、基本的人権の尊重、公開討論の公正さなど、他にも多くの側面があり、エコノミストのようなランキング機関も評価の際に考慮している。つまり、民主主義は白か黒かのゲームではなく、多くの異なるピースを持つモザイクのようなものなのだ。ちなみに、直接民主制ナビゲーター(https://direct-democracy-navigator.org)によれば、現在、何らかの形でイニシアチブと国民投票を規定している国は、世界中に100カ国以上ある。

Thank you very much for your insightful and very committed contribution. As I have practiced, researched, observed and reported (about) democracy for more than four decades globally, I share many of your views on the importance of direct democratic tools indeed. However, such instruments like the initiative and referendum process in my view do not counteract or balance representative democracy, they make representative democracy MORE representative, which is not the same as indirect. A modern representative democracy needs of course more than the possibility to decide on issues or set the agenda by the people; there are many other aspects including the rule of the law, the separation of powers, the respect for different levels of democratic decision making, the respect for fundamental human rights, the fairness of the public debate etc. etc. which ranking institutions like the Economist also are considering in their evaluations. So democracy is not a black-white-game but a mosaique with many, many different pieces. BTW according to the direct democracy navigator (https://direct-democracy-navigator.org) there are more than 100 countries worldwide today, which do know some form of initiative and referendum provision.

MARCO 46
MARCO 46
投稿文はITから自動翻訳されます。
@TheSwissPoliticalSystem.com

愛国心が強すぎる!スイスでは、直接民主制は非常に小さな国だからこそ機能する。一方、大きな共和制国家では、代議制民主主義を避けることは不可能である。

Troppo patriottardo! In Svizzera la democrazia diretta può funzionare solo perché é un paese assai piccolo. Per le grandi repubbliche di contro, è impossibile evitare la democrazia rappresentativa, perché il contrario sarebbe impraticabile per l'eccessiva complessità del sistema.

brunokaufmann
brunokaufmann
投稿文はENから自動翻訳されます。
@MARCO 46

親愛なる@Marco46へ 市民参加が少人数でしか機能しないという考えは、スイスのような900万人の国ですでに矛盾している。実際、地域社会や国が複雑で人口が多ければ多いほど、代表民主主義を真に代表的なものにするためには、より多くの参加型機能が必要となる。もしそうでなければ、フランスやイギリス、アメリカのように、ほとんどの国民は排除されていると感じ、民主的でない極端な政治勢力を支持するようになる。

Dear @Marco46 the idea that citizens participation does only work with small numbers of people is contradicted already within a 9 million country like Switzerland, where the most populated states like Zurich has most well-working forms of direct democracy, while smaller entities like Uri have much less of that. In fact, the more complicate and more populated a community and country is, the more participatory features are needed to make representative democracy truly representative. If not, like France, UK or US, most people over time feel very much excluded and tend to support less democratic and extreme political forces.

Peter Ern
Peter Ern
投稿文はDEから自動翻訳されます。

自由な意見を強化することによって。

indem die freie Meinung gestsärkt wird.

HAT
HAT
投稿文はENから自動翻訳されます。

私は民主主義を信じているが、ここ10年の暴力的な市民活動には問題がある。気候変動、戦争、男女間の争いなどは、公共物や個人の財産を破壊する言い訳に堕している。被害の一部は心理的なものであり、取り返しのつかないものでもある。
私は、市民的言説や民主主義を提唱するための体系的な教育カリキュラムは非常に欠けていると思うし、学校で取り入れるのは間違いなく良いことだと思う。しかし、大きな問題は、教師自身がこのことについて無知だということだ。そして彼らは、ルーズキャノンに基づく西洋社会の自然な劣化について、何の謝罪もしない。

I believe in Democracy but I have issues with the violent civic engagements in the last decade. Climate change, wars, gender wars and others have degenerated into excuses to destroy public and personal property. Some of the damages are also psychological and irreversible.
I believe an structured education curriculum for civic discourse or democracy advocation is highly lacking and definitely a good thing to incorporate in school. But, the big but is that the teachers themselves are clueless about this. And they make no apology for the natural degradation of western society based on loose cannons.

Elena Lacroix Jaeggy
Elena Lacroix Jaeggy
投稿文はFRから自動翻訳されます。

スイスを取り巻く民主主義国家が崩壊している現状を鑑みれば、この教育はこれまで以上に必要である。人々が教育を受け、権利の使い方を知り、ルールと法律を尊重することを学んでこそ、私たちの憲法は存続できるのです。

今日、この教育は、現在起きている変化、予測不可能な気候、生物多様性、自然環境、食糧、農業、家畜の供給源を守る緊急の必要性などを考慮し、より広範に行われなければならない。

空っぽのお腹では、共によく生きるためのルールを実践し、尊重することは決してできないだろう。

フランスを抜きにしても、私たちを取り巻く状況は実に悲惨だ。キリスト教的根源を失った社会は、民主主義の行使を、国家のまとまりを破壊する破壊主義に置き換えることができると信じている。

若者を教育し、他者を尊重し、市民の権利と義務を尊重するよう常に教育しよう。そして、私たちの国を支えるもの、相互寛容と私たちを結びつけるキリスト教の信仰を決して見失わないようにしよう。

Au vu de l'effondrement des démocraties qui entourent la Suisse, cette éducation est plus que jamais nécessaires. Notre Constitution ne peut survivre qu'à condition que le peuple soit éduqué, sache utiliser les droits, apprenne à respecter nos règles et nos lois.

Cette éducation doit être aujourd'hui élargie pour tenir compte des changements qui s'opèrent, climat imprévisible, urgence dans la préservation de la biodiversité, des milieux naturels, de nos sources d'alimentation, agriculture et élevage.

C'est une condition sine qua non, les ventres vides ne sauront jamais pratiquer et respecter nos règles de bien vivre ensemble.

Le constat autour de nous, sans aller plus loin que la France, est absolument désastreux. Une dislocation complète de la société qui, ayant perdu les racines chrétiennes, croit pouvoir remplacer l'exercice démocratique, par un wokisme dévastateur de la cohérence nationale.

Eduquons, éduquons toujours la jeunesse au respect des autres, des droits et des devoirs civiques, ne perdons jamais de vue ce qui fait le fondement du pays, la tolérance réciproque, la foi chrétienne qui nous unit.

brunokaufmann
brunokaufmann
投稿文はENから自動翻訳されます。
@Elena Lacroix Jaeggy

Elena Lacroix Jaeggy様、この対談に興味深いご寄稿をありがとうございます。学校における民主主義教育がもっと注目され、より広い範囲に及ぶべきであるという点については、大いに同意します。私が疑問に思うのは、「フランス」の「絶対に悲惨な」状況についてのご発言を発展させていただけないかということです。どのような市民的権利や義務が危険にさらされているとお考えですか?フランスは数週間後に議会選挙を控えていますが、有権者として、また市民として、この選挙でどのような問題に取り組んでほしいと思いますか?よろしくお願いします。

Dear Elena Lacroix Jaeggy, thank you for your interesting contribution to this conversation. I am very much agree that democracy education in school deserves more attention and a broader scope. What I wonder is, if you could develop your remark about the the 'absolutely disastrous' situation in 'France'. Which civic rights and duties are at risk in your view and how can they be developed in your view? As France is heading to parliament elections in a few weeks time, which issues would you as a voter and citizen like to be addressed in these elections? Best regards Bruno Kaufmann

Peter Ern
Peter Ern
投稿文はDEから自動翻訳されます。
@Elena Lacroix Jaeggy

シュヴァイツァー周辺の民主主義が崩壊した?
そう、教育は自主的な思考へと拡大されるべきだ。
なぜ空っぽの腹が我々のルールに従うことを学ばなければならないのか。それが彼らの腹が空っぽになる理由だとしたら?
社会はどこで完全に崩壊したのか?
私たちはまず、若者の模範になるべきではないのか?

Welche Demokratie um die Schweiizer herum ist zusammengerbrochen?
Ja, die Bildung sollte zu sebständigen Denken erweitert werden.
Warum sollten leere Bäuche lernen unsere Regeln einzuhalten. Wenn sie deshalb leere Bäuche haben?
Wo hat sich die Gesellschaft völlig Aufgelöst?
Sollten wir für unsere Jugend nicht zuerst ein gutes Beispiel sein.

MARCO 46
MARCO 46
投稿文はITから自動翻訳されます。
@Elena Lacroix Jaeggy

ハイディランド』には長い間行っていない!

Non siamo più l'Heidiland" da parecchio tempo!

Bla Blabla
Bla Blabla
投稿文はFRから自動翻訳されます。

あなたの民主主義教育についての記事を読んで、私は感嘆の気持ちでいっぱいです。特に、「私の時代は」🙄フランスとスイスの二重国籍で、フランス近郊で初等・中等教育を受けたため、民主主義の教育は台湾のように最も重要な「分科」ではなく、その厳格な義務はリセの校長の裁量に任されていましたが、「私のリセ」ではかなり真剣に教えられていました。この教育を後悔したことはないし、私の人生に大いに役立っている。そう、民主主義は国家統合のためにも、学校できちんと教えられなければならない!

À la lecture de votre article concernant l'éducation à la démocratie, je suis plein d'admiration. Surtout que "de mon temps" 🙄, double national Français et Suisse, ayant fait mes classes primaires et secondaires en France proche, l'enseignement de la démocratie n'était pas la "branche" la plus importante comme à Taïwan, et dont la stricte obligation était laissée à l'appréciation du directeur du Lycée, mais dans "mon Lycée" était enseigné de façon assez sérieuse. C'est une formation que je n'ai pas regretté et qui m'a été utile de façon soujascente toute ma vie. Je pense, néanmoins que "çà a dû bien changer depuis, hélas!Oui la démocratie doit être correctement enseignée à l'école, foi de cohésion nationale!

brunokaufmann
brunokaufmann
投稿文はENから自動翻訳されます。
@Bla Blabla

台湾の経験について温かいお言葉と評価をありがとうございます。あなたのリセでの民主主義教育が実際にどのように機能したのか、そこからあなたの人生に何を持ち帰ることができたのか、もう少し詳しくお聞かせいただければと思います。よろしくお願いします。

Thank you very much for your kind words and appreciatioon of the Taiwanese experience. It would be interesting to read a little bit more about how the democracy education worked in your Lycée in practice and what you could take with you in your life from that. Best regards

Peter Ern
Peter Ern
投稿文はDEから自動翻訳されます。
@Bla Blabla

民主主義は教えられるだけでなく、毎日生きるべきだと思う。

Ich denke Demokratie sollte nicht nur gelehrt , sondern täglich gelebt werde.

Rubén
Rubén
投稿文はESから自動翻訳されます。

市民教育は、教科としてだけでなく、学校での生活体験としてもとらえられるべきである。権利、義務、共通善、民主主義、シチズンシップなどについての対話は、子どもたちや若者たちがこの共通空間の中で想定し、生活している状況を直視し、それをリンクさせ、移し替え、自分たちが住んでいる地域や国のコミュニティ生活と比較しなければならない。

La educación cívica no solo debe asumirse como una asignatura, sino como una experiencia de vida en la escuela. El diálogo sobre los derechos, deberes, bien común, democracia, ciudadanía, etc. tienen que confrontarse con las condiciones que los niños y jóvenes asumen y viven en dicho espacio común para luego vincularlo, traspolarlo, compararlo con la vida comunitaria en la región o país en el que viven.

brunokaufmann
brunokaufmann
投稿文はDEから自動翻訳されます。
@Rubén

トピックに対する非常にエキサイティングで重要なアプローチ。これを実践している学校の例をご存知ですか?

Eine sehr spannender und wichtiger Zugang zum Thema. Kennen Sie Beispiele von Schulen, wo dies so gelebt wird?

Peter Ern
Peter Ern
投稿文はDEから自動翻訳されます。
@Rubén

子どもは基本的に心が広く、友好的で、学ぶことに熱心なのではないだろうか?なぜそのままにしておかないのか?学校は、(その逆ではなく)「この共有空間の中で」子どもたちに適応すべきではないだろうか?

Sind Kinder nicht grundsätzlich, weltoffene, gwundrige, lernbegierung und freundliche Wesen? Warum lässt man sie nicht so wie sie sind? Sollte die Schule sich "in diesem gemeinsamen Raum" nicht den Kindern anpassen (statt umgekehrt)?

Gagatang1
Gagatang1
投稿文はZHから自動翻訳されます。

市民教育は初等教育の必修科目にすべきだと思う。この授業を通して、生徒たちは民主政治に関する大まかなパノラマを身につける。少なくとも以下の内容を含むべきである:
1.なぜ市民教育の授業が必要なのか。
2.民主政治の目的、定義、メリット・デメリット。民主政治と私の関係
3. スイスの民主主義の概要
4. 最近の社会問題やレフェレンダム(国民投票)に関するディスカッション/ディベートの開催

我以为,公民教育应该是初级教育的一门必修课。通过这个课程,学生获得有关民主政治的粗略的全景图。它应该至少包括:
1. 为什么我需要上公民教育课
2. 民主政治的目的、定义和优缺点。民主政治和我的关系
3. 瑞士民主制度概论
4. 组织关于近期社会热点和全民公投的讨论/辩论

brunokaufmann
brunokaufmann
投稿文はENから自動翻訳されます。
@Gagatang1

小学校レベルの民主主義教育のための素晴らしいリストをありがとう。このようなカリキュラムの真の基礎となるものです!

Thank your for your great list for democracy education at primary school level. A true foundation for such a curriculum!

Peter Ern
Peter Ern
投稿文はDEから自動翻訳されます。
@Gagatang1

私は学校で政治的見解を学ばなかった。政治的なことであっても、自分自身の経験が一番の学校ではないでしょうか?教師は自分の政治観を持っているのだから、それを学校に持ち込むべきではない。

meine politischen Ansichten habe ich nicht in der Schule mitbekommen, und das ist gut so. Ist die beste Schule nicht die eigenen Erfahrungen und Erlebnisse, auch in der Politik. Lehrer haben Ihre eigenen Ansichten über die Politik, und die sollten sie nicht in die Schule bringen.

verimetro
verimetro
投稿文はESから自動翻訳されます。

そして、スイスや他の国の市民活動の良い例と悪い例を考慮した、実践的なワークショップやディスカッション、演劇、ドラマ、コメディーによって補完されるべきである。そのように理解し、理解するために。

Si, y deben complementarse con talleres practicos, conversatorios, teatros-dramas-comedias tomando en consideracion los "ejemplos" civicos buenos y malos de Suiza y otros paises. Entender y comprender en esa forma.

Peter Ern
Peter Ern
投稿文はDEから自動翻訳されます。
@verimetro

この世界には、「劇場ドラマ・コメディ」やブルジョワの「見本」はもうたくさんあるのではないだろうか?

Haben wir nicht schon genug "Theater-Drama-Komödien" und bürgerliche "Beispiele" auf dieser Welt?

MParnia
MParnia
投稿文はFRから自動翻訳されます。

市民教育を義務化することには賛成だ。スイスは唯一の民主主義国家である。
スイスは真の民主主義制度を持つ唯一の国であり、このことは学校教育の段階から若者たちに守られ、周知されなければならない。
義務教育は中等教育であり、初等教育は非公式なものである。

Oui ! Je suis d'accord d'avoir l'éducation civique obligatoire. Elle avait existé dans le passé et les suisses concassaient tout le fonctionnement politique de la Suisse.
La Suisse est l'unique pays qui a un vrais système démocratique et ceci doit être protégé et connu par les jeunes depuis l'école.
Au secondaire obligatoire et au primaire seulement informelle.

Peter Ern
Peter Ern
投稿文はDEから自動翻訳されます。
@MParnia

真の民主主義が存在するのはスイスだけなのだろうか?
そしてそれは義務なのだろうか?

Ist die Schweiz wirklich das einzige Land wo es ein echtes demokratischen System gibt?
Und obligatorisch ist das auch noch?

georges
georges
投稿文はFRから自動翻訳されます。

フランスでは、小学校の授業は道徳の授業から始まり、その内容は黒板に書かれていた。コレージュでは公民の授業があった(毎週か毎日かは覚えていない)。しかし、それはすべて以前のことだった!

En France, à l'école primaire, la journée de classe commençait par une leçon de morale dont le thème était écrit au tableau noir. Au collège il y avait des cours d'instruction civique. (hebdomadaires ou quotidiens , je ne m'en souviens pas) . Mais tout ça, c'était avant !

Davide95
Davide95
投稿文はITから自動翻訳されます。

もちろんだ!
私としては、(イタリアの!!)学校で民主主義教育を受けた経験はない。

Assolutamente sì!
Dal canto mio, non ho avuto alcuna esperienza con l'educazione alla democrazia nella scuola (ITALIANA!!!).

CHR
CHR
投稿文はITから自動翻訳されます。

私の意見では、中学校では早すぎる。高等学校(高校、専門学校)や職業訓練校の方がずっと役に立つだろう。
公民の授業よりも、「若者ディベート:そこに民主主義の核心がある」と題した活動を教えることを義務化する方が効果的だろう。

A mio avviso nelle scuole secondarie inferioro è troppo presto. Sarebbe molto più utile nelle scuole secondarie superiori (licei, scuola do commercio) e nelle scuole professionali.
Anziché lezioni di civica, sarebbe più efficace rendere obbligatoria l'attività orafacoltativa intitolata La gioventù dibatte: lì c'è il cuore della democrazia.

brunokaufmann
brunokaufmann
投稿文はDEから自動翻訳されます。
@CHR

こんにちは:中等学校レベルでの民主主義教育はまだ時期尚早だと思うのはなぜですか?それぞれのレベルに適した教育形態があるのではないでしょうか?オーストリアやフィンランドでは、幼稚園のカリキュラムに民主的な行動や実践がすでに組み込まれている例を知っています。

Guten Tag: weshalb meinen Sie, dass es in der Sekundarstufe noch zu früh ist für die Demokratiebildung? Gäbe es nicht stufengerechte Formen solchen Unterrichtes? Ich kenne Beispiele aus Österreich und Finnland, wo bereits in den Kindergärten demokratische Umgangsformen und Praktiken auf dem Lehrplan stehen, etwa in Form von Plüschtierwahlen.

Peter Ern
Peter Ern
投稿文はDEから自動翻訳されます。
@CHR

公民の授業の代わりに、世界、政治、貧困、不正、浪費、検閲、迫害などを理解する機会を与え、それを変えることができるようにする方が効果的なのではないだろうか?

Anstelle des Staatsbürgerkundeunterrichts wäre es nicht eventuel effektiver, den Menschen die Möglichkeit zu geben, die Welt, die Politik, die Armut, die Ungerechtigkei, die Verschwenung, das Zensurieren und Verfolgen etc. verstehen zu lernen, damit sie es ändern können?

MARCO 46
MARCO 46
投稿文はITから自動翻訳されます。

公民教育は、少なくとも中学校の早い段階から、台湾の例に基づいた実践的な演習を交えて導入されるべきである。公共問題への積極的な参加の原則は、明確な例を示して奨励されるべきである。立法権、行政権、司法権の機能についても同様だ。これらは生徒が容易に学ぶ直感的な実践であるため、まったく難しいことではない。また、多数派が勝利した場合、多くのifやbutに適応しなければならないという事実も尊重すること。そして、やがて多数派が新しい投票に取って代わられる可能性もある。私は、このような基本的な公民の教えに(!)激しく反対する教師たちを理解できない。彼らはイデオロギー的な反民主主義者か、公立学校に居場所を与えるべきではない最大主義者のどちらかである。

Dovrebbe esser introdotta l'educazione civica già almeno alle scuole medie con tanto di esercitazioni pratiche sull'esempio di Taiwan. Il principio della partecipazione attiva alla cosa pubblica va incoraggiato con chiari esempi. Idem, per il funzionamento dei poteri legislativo, esecutivo e giudiziario. Non è per nulla difficile, perché trattasi di pratiche intuitive che gli allievi imparano con facilità. Rispettare pure il fatto che se vince la maggioranza, bisogna adattarsi se tanti se e ma. E pure che la maggioranza col tempo potrebbe essere sostituita con una nuova votazione. Non ho mai capito gli insegnanti che si oppongono strenuamente (!) a tali insegnamenti civici basilari: o sono degli antidemocratici ideologici, oppure dei massimalisti che non dovrebbe trovare posto nelle scuole pubbliche.

Peter Ern
Peter Ern
投稿文はDEから自動翻訳されます。

学校での民主主義教育はとても良い経験だった。

Ich habe sehr gute Erfahrungen mit der Demokratiebildung in der Schule gemacht.

MARCO 46
MARCO 46
投稿文はITから自動翻訳されます。
@Peter Ern

でも、どこで?

Ma dove ?

hrh6@cornell.edu
hrh6@cornell.edu
投稿文はDEから自動翻訳されます。

主流から外れた意見も議論されるべきだというのが私の意見だ。コロナウィルスの危機の際に十分に行われなかったのであれば、それは対処されるべきだ。しかし、「意見が封殺されている」という考えは、(やはり)極右の陰謀神話であり、真実ではない。反ワクチン運動家は(今日の欧米のウクライナ支援反対派のように)時に厳しい逆風に見舞われるが、ここでは誰も沈黙させられていない。

Ich bin durchaus der Meinung, dass man auch Meinungen ausserhalb des Mainstreams diskutieren sollte. Soweit man dies während der Corona-Krise zu wenig gemacht hat, müsste man dies aufarbeiten. Dass "Meinungen zum Schweigen gebracht werden" ist aber (auch) ein Verschwörungsmythos der ganz Rechten und stimmt so nicht. Die Impfgegner (wie heute die Gegner einer westlichen Unterstützung der Ukraine) erfahren manchmal harschen Gegenwind zum Schweigen gebracht wird hier niemand, das ist in einer freiheitlichen Gesellschaft mit so vielen, allen zugänglichen Social Media-Kanälen gar nicht möglich.

Peter Ern
Peter Ern
投稿文はDEから自動翻訳されます。
@hrh6@cornell.edu

あなたの意見は、このトピックと何の関係があるのですか?

学校での民主主義教育はどのように強化されますか?

Ich verstehe Sie ganz und total, NUR. was hat Ihre Meinung mit dem Thema zu tun?

Wie kann die Demokratiebildung an Schulen gestärkt werden?

外部リンクへ移動
サブスクリプションを登録できませんでした。 再試行する。
仮登録をしました。 次に、メールアドレスの認証手続きを行ってください。 ご入力いただいたメールアドレスに自動配信メールを送信しました。自動配信メールに記載されているリンクをクリックして、ニュースレター配信手続きを完了させてください。

意見交換

世界中の読者と重要なテーマについて議論し、意見交換するコーナーがあります。

2週間に1回配信

SRG SSRのプライバシーポリシーでは、データ処理に関する追加情報を提供しています。 

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部