Navigation

税関

KEYSTONE

スイスはシェンゲン協定加盟により、加盟国内を移動する人に対する国境でのパスポート検査を廃止した。しかし、通関検査は現在も残る。

このコンテンツは 2017/10/22 10:00
swissinfo.ch

水路・陸路によるスイスと協定加盟国間の出入国が簡単になり、入域の際に取得したビザはシェンゲン圏全域で有効だ。

これにより大半の国境でパスポート検査が不要になった。空港はシェンゲン非加盟国との唯一の国境検問所で、パスポート検査と税関検査がある。

国境警備員は、スイスに持ち込まれる品物の原産地と最終目的地を調べるため、場所を問わず持ち主のパスポートをチェックできる。一般的に、1人当たり300フラン(約3万4500円)相当の品物を持ち込む場合は免税されるが、肉、タバコ、酒類などは別の規定に準ずる。

詳細は、以下のスイス連邦税関事務局などのウェブサイトを参照。いずれも英、独、仏、伊語表記。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?