ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

(Keystone)

スイスはシェンゲン協定加盟により、加盟国内を移動する人に対する国境でのパスポート検査を廃止した。しかし、通関検査は現在も残る。

水路・陸路によるスイスと協定加盟国間の出入国が簡単になり、入域の際に取得したビザはシェンゲン圏全域で有効だ。

これにより大半の国境でパスポート検査が不要になった。空港はシェンゲン非加盟国との唯一の国境検問所で、パスポート検査と税関検査がある。

国境警備員は、スイスに持ち込まれる品物の原産地と最終目的地を調べるため、場所を問わず持ち主のパスポートをチェックできる。一般的に、1人当たり300フラン(約3万4500円)相当の品物を持ち込む場合は免税されるが、肉、タバコ、酒類などは別の規定に準ずる。

詳細は、以下のスイス連邦税関事務局などのウェブサイトを参照。いずれも英、独、仏、伊語表記。

swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×