Navigation

米国38年ぶり死刑執行にスイス世論は非難の声

10日テラホート連邦刑務所に向かい「死刑反対」のデモ行進をする人々。 Keystone

168人の死者を出した米史上最悪のテロ、オクラホマシティー連邦ビル爆破事件(1995年)のティモシー・マクベイ死刑囚は米中部時間11日午前7時14分、インディアナ州テラホートの連邦刑務所で薬物注射による死刑を執行された。スイスには米死刑囚と文通する市民ボランティアの組織がある。スイスでは死刑反対派が多数を占める。

このコンテンツは 2001/06/12 09:13

スイスの世論は、168人もの市民を殺したマクベイに対し同情の声はない。が、国民の多くは、死刑執行を中継した米メディアのあり方を非難し、人の死を金もうけに利用するべきではないとの怒りを示す。アムネスティ・インターナショナル・スイス支部のルーカス・ラブハートさんは、スイスでは死刑反対派が多く、死刑導入を支持する動きは全くないという。ラブハートさんは、死刑は凶悪犯罪の予防・抑制にはつながらないという。

死刑廃止を唱えるバーゼルのNGO「ライフスパーク」のバーバラ・ハーグさんは、女性を中心とする500人のスイス市民ボランティアと米死刑囚との文通をコーディネートしている。「私達は世の中から隔離され死を待つ死刑囚に、外の世界への窓を開きたい。」というハーグさん。ボランティアの一人ルツェルンのヘレン・ロイトウィラーさんは、商店を襲撃し男性1人を射殺したテキサス州の死刑囚ロバートE・スミスと文通している。貧しい家庭に育ち、教育も受けなかった黒人男性のスミスの死刑は、10年間執行されていない。ロイトウィラーさんは、スミス死刑囚の死刑が執行される時は立ち会おうと決めている。「私のあらゆる力を奮い起こしてでも、彼を一人にしたくない。」という。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。