Navigation

花屋と菓子屋の稼ぎ時、スイスのバレンタインデー

花とチョコレートの売上げが急増するバレンタインデー swissinfo.ch

「永遠の愛を誓った相手に、変わらぬ愛を伝えましょう。」と、花屋やお菓子屋がもみ手をしながら客引きをしている。バレンタインデーは、花束の売上げ年間1位だそうだ。

このコンテンツは 2001/02/14 13:58

「バレンタインデーはスイスの花屋にとって1年で1番大切な日です。昨年は初めて母の日の売上げを抜きました。」とフロイロープ・インターフローラのレス・レーナーさん。昨年2月12日から14日までのフロイロープ・インターフローラの売上げは8、000万スイスフランだったという。花を買う人の男女の比率はほぼ同bセが、インターネット・オーダーの3分の4は男性客からだ。1番人気は赤いバラだが、最近では春の花束も売れ筋だ。ほとんどは国産かフランス、インタリア、オランダ産の花だが、20%は南米産とアフリカ産だ。

お菓子屋も負けてはいない。ベルンで手作りチョコとパンの店を経営するトーマス・グラッツさんは、近年2月14日前後のチョコレート売上げは10%から20%増加したと語る。グラッツのシャンペーン・トリュフは特に人気が高いが、ハート型のチョコレート・ボンボンとケーキも好評だ。また、ベルンで親子三代にわたってチョコレートメーカーを経営するハンス・チレンさんは「うちは業界初のチョコレートのネット販売を始めました。注浮フ多くは米国、東アジア、サウジアフリカからです。」と言う。こちらもバレンタインデーの売上げは年間総売上げの20%にあたり、イースター、クリスマスに次いで高いという。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。