フィンテック、合法大麻に関するスタートアップ急増

デジタル化の波に乗ろうと強い意欲を示すスイスは多くのフィンテック・スタートアップを引きつけている Keystone

昨年、スイスでは記録的な数の会社が設立された。オンライン起業プラットフォームのstartup.chによれば、その多くが急成長する「クリプト(暗号)バレー」地域に集中している。

このコンテンツは 2018/01/06 15:15
swissinfo.ch and agencies

17年の起業数は4万3416社に達した、と話すのは起業に関する情報提供やコンサルタントを行うウェブサイトを運営するstartups.chだ。対前年比5%増はスイスでは間違いなく新記録だ。

最大の恩恵を受けたのは、スイスの中央に位置するツーク州、いわゆる「クリプトバレー」だ。17年、ツーク州では対前年比5倍近くもの数の会社が登記された。

従来、ツーク州は税率の低さで企業を誘致してきた。しかし、目下注目されているのはブロックチェーンや暗号通貨の分野での技術革新だ。

「ツーク州は、ビットコインによる納税を可能にしたことなどでこの分野で一躍有名になりました」とstartups.chの創設者でCEOのミケーレ・ブラスッチさんは話す。

起業数が大幅に伸びたその他の要因としては、17年を通して、スイスで全国的にブームとなった合法大麻ビジネスが挙げられるかもしれない。「毎週、CBD(カンナビジオール)製品を扱う2~3の会社を新たに登記しました」(ブラスッチさん)

スイス北部のアールガウ州やチューリヒ州、アルプス地方のヴァレー州でもスタートアップ企業数の増加が顕著だった一方で、イタリアとの国境にあるティチーノ州では7.5%減少した。ブラスッチさんは、税回避を防ぐ多国間情報交換制度が減少の原因ではないかと考える。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する