スイスの児童虐待、年間5万件 最多はネグレクト

統計のデータは「氷山の一角」に過ぎない Keystone

スイスでは年間3万~5万人の児童虐待が報告されていることが、民間機関の調査で明らかになった。スイスの子供人口の2~3.3%が虐待を受けていることになる。22.4%がネグレクト(育児放棄)、20.2%が身体的虐待、19.3%が心理的虐待、18.7%が配偶者への家庭内暴力の目撃、15.2%が性的虐待だった。

このコンテンツは 2018/06/15 13:20
SDA-ATS/swissinfo.ch/ln

UBSオプティムス基金(チューリヒ)が2016年9月~11月に児童相談所や病院、警察など国内の児童保護関連機関に報告された虐待の件数を集計。件数や内容、児童保護機関からどのような支援を受けたかを分析した。報告書によると、虐待の内訳や支援内容に関する体系的な調査は初めて。同基金が聞き取り調査を依頼した431機関のうち、約8割の351機関がデータの提供に応じた。

調査によると、子供人口1万人当たりの虐待報告件数はチューリヒ地域、ジュネーブ州を含むスイス南部の件数の多さが目立った。

同基金はプレスリリースで、この報告件数の多さを「警鐘」として刻むべきだと指摘した。

氷山の一角

報告書は、関連機関に報告された事例のみを集計したため、数字は「氷山の一角」にすぎない可能性が高いと明記した。

また児童保護サービスが「本当に必要な支援を提供できているとはいえない」ことや、支援の内容に地域格差があることも指摘した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する