スイス農家の減少続く 有機農法や養鶏は増加

スイス西部バヴォワにある有機農場のように、牛や豚の数は減っているが鶏など家きんは増えている Keystone
このコンテンツは 2020/05/13 14:00
Keystone-SDA/ts

スイスでは農場と農場従事者の数は減り続け、合併により農場規模は大きくなっている。また有機農業が重みを増している。

過去20年間で、スイスの農場のほぼ3分の1が姿を消した。スイス連邦統計局によると、昨年の農場数は前年比1.6%減の5万38軒、従事者は1.5%少ない15万100人だった。利用されている農地面積(UAA)は105万ヘクタールだった。

州別の農場数はベルン(1万254軒)が最も多く、ルツェルン(4494軒)、ザンクト・ガレン(3904軒)、チューリヒ(3258軒)が続いた。前年からの減少数でみるとベルン142軒、チューリヒ88軒、ヴァレー89軒、ルツェルン67軒が目立った。

統計局によると、20ヘクタールを超える農場の割合は43%と、20年前の25%から大きく増えた。

有機農場

有機農法を取る農場も増えている。有機ガイドラインに従う農場は7284軒と、前年から3.6%増えた。農地全体のうち16%が有機農法を使っている計算だ。

農地総面積の58%に当たる60万5700ヘクタールは天然・人工の牧草地だった。うち38%が耕作地で、1万3400ヘクタールがブドウ園、7000ヘクタールが果樹園だった。

飼育される乳牛は1.7%、豚は4.1%ぞれぞれ減少した一方、鶏など家きんは2.5%増えた。羊や山羊の数はほぼ横ばいだった。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する