スイスの視点を10言語で

スイス中銀、マイナス金利の免除を拡大 追加緩和は見送り

The SNB
英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を前に追加緩和を見送ったスイス国立銀行(SNB)。政策に余力を残しているようにも見える Keystone

スイス国立銀行(中央銀行、SNB)は19日の理事会で、政策金利と預金金利をマイナス0.75%に据え置くことを決めた。一方で収益悪化にあえぐ民間銀行の批判を受け、マイナス金利の免除範囲を広げた。

SNBは理事会後の声明外部リンクで「世界の低金利環はさらに定着し、しばらく続く可能性がある」と述べた。現在、法定準備金額の20倍まではマイナス金利を免除しているが、11月1日から25倍に引き上げることも発表した。免除範囲は今後、毎月見直す方針だ。

金融業界は長引く低・マイナス金利政策で収益性が悪化し、不満が高まっている。スイス銀行協会のヘルベルト・シャイト会長はSNB理事会に先立つ12日、経済に「大規模な構造的損害を及ぼしている」と述べ、早期正常化への期待を示していた。

SNBはフランの過大評価が続いているとして、必要に応じて為替介入を続ける姿勢を改めて強調した。

成長率とインフレ率見通しも大幅に引き下げた。2019年の成長率を1.5%から0.5%に引き下げ。インフレ率は2020年は横ばい、21年に0.6%になるとの見通しだ。

米欧は緩和拡大

先週来、主要銀行の金融緩和が相次いだ。欧州中央銀行(ECB)が12日に新しい緩和策を発表し、18日には米連邦準備制度理事会(FRB)が今年2回目の利下げを決めた。

一方、日銀は19日に金融緩和を維持。ノルウェーは逆に利上げした。

米中貿易戦争で世界経済に先行き不安が高まり、スイスにも製造業を中心に景気減退感が出ている。フラン高が根強く、中銀はフラン売り介入を実施しているとみられる

10月には英国が欧州連合(EU)と合意ないまま離脱する可能性があり、そうなれば安全通貨とされるスイスフランはさらに上昇しそうだ。SNBは英国が離脱を決めた2016年の国民投票直後も、大きく為替介入に動いた。

おすすめの記事
スイス中銀のファサード

おすすめの記事

板挟みのスイス中銀 フラン高への対応に苦慮

このコンテンツが公開されたのは、 市場の格言に「中央銀行には逆らうな」というものがある。では中央銀行は米大統領に対抗できるのだろうか?スイス国立銀行(SNB)がその答えを出そうとしている。

もっと読む 板挟みのスイス中銀 フラン高への対応に苦慮


人気の記事

世界の読者と意見交換

ニュース

生まれたての赤ちゃん

おすすめの記事

スイスの出生率1.33、過去最低を更新

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦統計局は20日、2023年の人口動態統計の確定値を発表し、2023年の合計特殊出生率は1. 33と、過去最低を更新したことがわかった。前年の1.39から最低水準を2年連続で更新した。

もっと読む スイスの出生率1.33、過去最低を更新

おすすめの記事

少年への有罪判決が増加 公務執行妨害・性犯罪など

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦統計局は18日、2023年に少年に対して下された有罪判決は2万3080件と、前年比11%増えたと発表した。特に15歳未満の犯罪は長期的に増加傾向にある。

もっと読む 少年への有罪判決が増加 公務執行妨害・性犯罪など
スーツを着た男性の顔写真

おすすめの記事

スイスが冒した「稀有なリスク」 平和サミットの舞台裏

このコンテンツが公開されたのは、 世界中から100の代表団がスイスに集結した「ウクライナ平和サミット」。実行委員会トップとして参加国の招待や共同声明の草案作りを担ったスイス外務省のガブリエル・リュヒンガー氏が舞台裏を振り返った。

もっと読む スイスが冒した「稀有なリスク」 平和サミットの舞台裏
マンション

おすすめの記事

スイスでマイホームが賃貸よりお得に

このコンテンツが公開されたのは、 スイスでは住宅ローン金利の低下と家賃上昇により、2025年初めには不動産を賃貸するより購入した方が安上がりになる――こんな見通しを銀行最大手UBSが発表した。

もっと読む スイスでマイホームが賃貸よりお得に
イスラム教徒の墓に描かれたナチスの鉤十字

おすすめの記事

ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票

このコンテンツが公開されたのは、 ジュネーブで9日行われた住民投票で、ナチスの鉤十字などのヘイト・シンボル表示を禁止する憲法改正案が84.7%の賛成で可決された。投票率は46%だった。

もっと読む ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票
Finmaのロゴ

おすすめの記事

スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」

このコンテンツが公開されたのは、 スイス金融市場監督機構( FINMA)の新長官に就いたシュテファン・ヴァルター氏は、監督権限の強化を求めていく立場を明確にしている。非協力的な銀行経営陣をFINMAが解任する権限も必要だとみる。

もっと読む スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」
花粉症の女の子

おすすめの記事

高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

このコンテンツが公開されたのは、 花粉の飛散量が高まるとアレルギー患者の血圧を上昇させることが、スイスの研究で分かった。女性や太りすぎの人では特に影響が大きい。

もっと読む 高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部