Navigation

スイスアルプスに生きるユキウサギに危機

スイスなどの研究チームは、アルプスのユキウサギの生息地が2100年まで毎年3分の1ずつ減少すると警告する Rolf Giger, WSL

地球温暖化はスイスアルプスに生息するユキウサギの生態を危機にさらしている。スイスの研究者らによる国際調査で、将来的に極めて希少な存在になるとの予測が示された。

このコンテンツは 2018/03/15 15:00

スイス連邦森林降雪国土研究所(WSL)とベルン大学の合同チームは13日、アルプスのユキウサギの生息地は2100年まで毎年3分の1ずつ縮小するとの予測を発表した他のサイトへ。調査結果は科学誌グローバル・チェンジ・バイオロジーに掲載他のサイトへされた。

オーストリアのウイーン天然資源大学(BOKU)他のサイトへと共同実施した調査では、1990~2013年の間に気候変動がスイスアルプスで生息するユキウサギの分布にどのような影響を与えたかを分析。約1千匹以上の個体の動向を調べた。

分析結果から、ユキウサギは生息地が狭まるだけでなく、分断することが分かった。その結果、相互の関係性が薄れ、遺伝的な多様性が失われる恐れがあるという。

調査を主導したマイク・レーヌス氏は「生息地が失われ、また分断が進むことは、種としてのユキウサギがますます絶滅の危機にさらされることを意味する」と強調した。

調査チームは、ユキウサギを守りスイスアルプスの環境を維持するため、国による監視システムの構築を提案した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。