スイス人建築家マルセル・マイリ氏が死去

マルセル・マイリ氏(右)、2002年。建築ユニットを組むマークス・ペーター(左)とともにチューリヒのエルマー・レーダーゲルバー市長(当時)にスタジアムの建設プロジェクトを説明した Keystone / Michele Limina

スイス人建築家マルセル・マイリ氏が18日、がんの闘病生活の末に死去した。66歳だった。

このコンテンツは 2019/03/20 10:05
swissinfo.ch/mga

スイス連邦内務省文化局は14日、今年の「メレ・オッペンハイム賞」をマルセル・マイリ氏とマルクス・ペーター氏の建築ユニット「マイリ&ペーター」らに贈ると発表した。同賞はスイスの優れた芸術家に贈られる賞で、審査員は2人を「大胆で奔放、謙虚でありながらしるべとなる芸術性を造形、空間、構造、構成に散りばめ、どんなプロジェクトも個々のパーツを足し合わせると全体像を上回る価値を持つ作品に仕上げた」と称えた。

マイリ氏は1953年生まれ。スイス連邦工科大学チューリヒ校を卒業後、ロジャー・ディーナー氏、ジャック・ヘルツォーク氏、ピエール・ド・ムーロン氏といった建築家らと事務所を共同設立。現代都市計画の研究所「ETHスタジオ・バーゼル」で所長として教壇に立った。

主な作品にチューリヒ中央駅プラットフォームの屋根、高層ビル「ツェリー」、チューリヒ湖を見下ろすゴットリーブ・ドゥットヴァイラー研究所、映画館リフラフホテル・パーク・ハイアット(チューリヒ)などがある。

文化ジャーナリストのカリン・サルム氏はドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)で、マイリ氏が「いつも常識を超えた発想を持っていた」と賞賛した。「設計上とても複雑だが、空間を定義しながら形作り、同時に人々の目を引く建築を目指していた」

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する