Navigation

世界最大の花、ショクダイオオコンニャクを咲かせよう

模型(モデル)といえば建築模型や実体のある素材で作られるのが一般的だが、近年ではコンピューターによる3Dデータを使って作成したデジタルモデルが使われるようになっている。現在スイス・チューリヒ造形美術館で開催中の模型の多様性と可能性を紹介する展覧会では、デジタルモデルの中でも新しい「インタラクティブな模型」を紹介している。

このコンテンツは 2016/08/04 11:00
swissinfo.ch

チューリヒ応用科学大学の研究チームが開発した3Dデジタルモデル「タンジブル・バーチャル・モデル他のサイトへ」では、めったに開花しない世界最大の花、ショクダイオオコンニャクの開花を実物大で体験し、この植物についての理解を深めることができる。

このモデルの特徴は、両手で3D模型を操ることができる点だ。このアプリケーションには、米国リープモーション社が販売するコンピューター用の3Dセンサー「リープモーション・コントローラー」が使われている。

センサーの上で両手を上下左右に動かしてショクダイオオコンニャクを開花させたり、花を回したり、花弁をかき分けてその中をじっくり観察することができる。また、人差し指で特定の場所を示すことで、植物に関する情報を呼び出し、詳細を学ぶことができる。


この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。