Navigation

若者が政治に参加する理由とは?

スイスの若者の投票率は、国民の平均を大幅に下回っている。若者はどういう政治的テーマだったら投票所に足を運ぶのだろうか?投票率を上げるのに効果的な方法とは?

このコンテンツは 2018/08/10 08:30

スイスの18~25歳で、投票に行く人はわずか3人に1人。世論調査機関gfs.bern他のサイトへの政治学者クロエ・ヤンスさんは、2014年以来、若者の投票行動を詳しく調査してきた。

その結果、若者の政治参加率を上げる効果があるのは、電子投票の導入や選挙年齢を16歳に引き下げることではなく、政治教育であることが分かった。これは若者自身も同じ意見だ。そして若者が投票に行く最大の要因は、話題性、感情性、そのテーマに自身が該当しているか否かだ。

gfs.bern は若者の政治参加を支援する非営利団体「スイス青年議会連絡協議会(DSJ)」と連携し、イージー・ヴォート他のサイトへという活動を通して、スイスの15~25歳の生徒・学生約1500人の政治行動をモニタリングした。

(独語からの翻訳・シュミット一恵)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。