連邦制って何?

スイスでは、国の権力は三つのレベルに分かれる。連邦政府、26の州、そして2222の自治体だ。この連邦制がスイスの多様性を保障している。ベルン大学の政治学者ショーン・ミュラーさんは、小さな多民族国家におけるこの民主主義の生命線を研究している。

このコンテンツは 2018/09/07 08:30

アッペンツェルの人たちとジュネーブの人たちに共通するものは何だろう?トゥールガウ州の住民とティチーノ州の住民を結ぶものは?同じ国ながら言語も文化も異なる彼らに共通するのは、スイスの赤いパスポートくらいだろう。

スイスは、さまざまな言語と文化が共存する、多様性と調和性が融合した国家だ。州や自治体がそれぞれの独自性や多様なアイデンティティーを維持し、なおかつ国全体としてばらばらにならない-。それを支えるのが連邦制だ。

今回のデモクラシー研究室では、ミュラーさんが自治体、州、連邦政府の三つのレベルの相互作用がどのように機能し、どこにひずみが生まれるのかを解説。また、スイスとほかの国の連邦制の国際比較も紹介する。

(独語からの翻訳・鹿島田芙美、編集・swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する