Navigation

アッペンツェルのハックブレット

「ハックブレット」は、ハンマーダルシマーの一種。アッペンツェルの民族音楽の心であり魂でもある。伝統的に弦楽アンサンブルで使われてきたが、今や民族音楽の枠を超えて、他の音楽分野にも広がりつつある。

このコンテンツは 2013/05/30 17:13
swissinfo.ch

ハックブレットの製造者は、今もこの楽器に工夫を加え発展させる。新しい世代のミュージシャンたちもユニークな音色を発見した。(ミケレ・アンディーナ、swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。