「ヒックとドラゴン」描いたスイス人CGアニメーター 子供たちに特別授業

ヒット作「ヒックとドラゴン」のチーフアニメーター、シモン・オットー氏はスイス人だ。ザンクト・ガレン出身だが、米国在住歴は21年にのぼる。このほど地元小学校の子供たちに、制作現場の裏話を語った。

このコンテンツは 2019/02/15 11:00

オットー氏は銀行でキャリアをスタートした後、仏パリにある有名な映像スクール「ゴブラン(GOBELINS)」でアニメーション作りを学んだ。1997年にアニメーション映画制作のドリームワークスのスタジオに加わり、活躍を続けている。

SRF

オットー氏は「プリンス・オブ・エジプト」、アードマン・アニメーションズとの共同作「きれいな涙 スピリット」、「マウス・タウン ロディとリタの大冒険」、「森のリトル・ギャング」の制作に関わったあと、「ヒックとドラゴン」シリーズの制作に加わった。三部作の第1作に対して、2011年に米国の映像特殊効果の業界団体「視覚効果協会」のVESアワードを受賞した。

ドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)はチューリヒに滞在中のオットー氏にインタビュー。「ヒックとドラゴン」の監督の一人、ディーン・デュボワ氏にも話を聞いた。(映画クリップはドリームワークス社提供)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する