Navigation

心はマオリ人。でも愛によってスイス人になった私

スイスでは国際結婚が増加している。そのため、国際結婚とそれに伴う異文化社会への融合が研究対象として注目されている。社会学者のケリー・ゴンサルヴェスさんと一緒に、ニュージーランド人とスイス人の国際結婚カップルの家庭を訪ねた。

このコンテンツは 2013/05/07 11:00
swissinfo.ch

スイスドイツ語圏に結婚で移住した場合、新しい言語を二つ学ばなければならない。一つは読み書きのための標準ドイツ語。もう一つは方言のスイスドイツ語だ。「二言語変種使い分け」と言われるこの状況は、社会への融合において一つの大きな障壁になる。

ベルン大学で社会学を教えるゴンサルヴェスさんは、『国際結婚カップルの会話』という本を出版。同書は、スイス人男性と結婚した英語圏の女性たちに焦点を当てている。そのうちの1人で、山のガイドをしているスイス人男性と結婚した、スキーインストラクターのニュージーランド人女性を追った。(ラファエラ・ロッセロ、swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。