FIFAの不正疑惑訴訟、コロナで時効に

2022年ワールドカップ(W杯)の開催予定地カタールには、06年ドイツ大会の不朽の名場面、ジダンとマテラッツィの銅像が建てられている Keystone / Str

2006年ドイツで開催されたサッカー・ワールドカップ(W杯)をめぐる不正疑惑で、4人の元サッカー業界幹部に対する裁判は再び中止された。期日までに判決を出すことは不可能になった。

このコンテンツは 2020/04/22 11:26
Keystone-SDA/AP/dos

スイス連邦刑事裁判所による裁判が一時停止され、起訴事実の判決期日の27日までに判決が出ないことになった。

06年のW杯に関して670万ユーロ(約7億8千万円)が支払われた事件をめぐる裁判は、新型コロナウイルス危機を受けたロックダウン(都市封鎖)に伴い、3月から中断されていた。

起訴されたドイツW杯組織委員会の元委員4人と、スイスの元国際サッカー連盟(FIFA)役員1人はいずれも70歳以上で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で重症化するリスクが高い。伝説のサッカー選手、フランツ・ベッケンバウアーも不正疑惑に関与した疑いがあり、証拠を提出することになっていた。

スイス連邦検察庁は、05年に独サッカー連盟からFIFAに送られた資金は、最終的に当時FIFAの財務委員だったモハメド・ビン・ハマムの口座に入金されたと指摘する。

弁護側が送金目的はW杯関連のイベント資金に充てるためだったと主張したが、検察はW杯開催に必要な2億5千万ユーロという大金をFIFAに支出させるため、ビン・ハマム氏を誘導する狙いがあったと主張する。

スイス検察庁は15年以来、FIFA関連の訴訟を約25件起こしている。2月にはFIFAのジェローム・ヴァルケ元事務局長と、パリ・サンジェルマンFCのナセル・アル・ヘライフィー会長を贈収賄罪で起訴した。

連邦刑事裁判所は21日、裁判の停止により被告は訴訟費用の補償を受ける権利があると述べたが、詳細はまだ決定されていない。

​​​​​​​

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する