スイスの視点を10言語で

スイス閣僚の緊急着陸は仏航空当局のミス?

アラン・ベルセ氏
アラン・ベルセ内務相に非はなし?小型飛行機を操縦中、仏航空当局のミスで緊急着陸を余儀なくされた ©keystone/peter Schneider

スイスのアラン・ベルセ内務相がフランス領空で小型飛行機を操縦中、仏軍から強制着陸を命じられたトラブルで、仏航空局が同機の機体番号を間違えるミスがあったとメディアが報じた。

ベルセ氏は5日、スイス・フリブール近郊のエキュヴィラン飛行場から離陸。誤って仏中部のアヴォール軍事空軍基地に近づきすぎたため、仏軍が強制着陸させた。 ベルセ氏は身元確認と必要な税関承認の提示を求められ、その後、飛行を継続した。

おすすめの記事

連邦内務省広報は当初、仏軍の管制塔が発した情報をベルセ氏が「誤解」したため着陸を指示されたと説明していた。ところが日曜紙ゾンタークスツァイトゥングの報道によると、ベルセ氏がフリブールから仏西部シャテルローへ向かう間に無線で3回呼び出しを受けた機体番号は「HB-TOR」で、同氏がチャーターした機体番号「HB-TDR」と1文字違っていた。

航空専門家が同紙に語ったところによると、ベルセ氏は当局の警告が自分に向けられたものだとは思わず、呼びかけに応じなかった。同氏はこの報道について声明を出していない。内務省やベルンの仏大使館も、スイスの通信社Keystone-SDAの取材に対しコメントしなかった。

この一件はスイスのメディアで大きく取り上げられ、ベルセ氏の辞任を求める声や、単に面白がる声など、さまざまな反応があった。

内務省によると、ベルセ氏は2009年に飛行機の操縦免許を取得。時折、軽飛行機を借り操縦を楽しんでいるという。

おすすめの記事
ベルセ大統領

おすすめの記事

スイスのベルセ大統領は実に庶民的な男だった

このコンテンツが公開されたのは、 ニューヨークの街中で、地べたに座るスイスの大統領―。そんな一国のトップらしからぬアラン・ベルセ連邦大統領の画像が、ソーシャルメディア上で話題になった。日本では考えられないが、スイス人にとっては見慣れた光景だ。

もっと読む スイスのベルセ大統領は実に庶民的な男だった

英語からの翻訳:宇田薫

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部