Navigation

スイス、2023年までにFMラジオ放送を廃止

2020年、アナログのFMラジオ放送しか聴かないスイス人は人口のわずか13%だった © Keystone / Petra Orosz

スイスのラジオ業界は、アナログのFMラジオ放送を2022~23年に終了することで合意した。スイス公共放送協会(SRG SSR)は2022年8月に、民間放送局は23年1月までにデジタル放送に完全移行する。

このコンテンツは 2021/01/05 13:22
Keystone-SDA/swissinfo.ch/gw

スイス連邦通信省通信局(OFCOM)は昨年末、超短波放送(VHF-FM)からデジタルラジオ(DAB+)への移行を当初予定の24年末から前倒しすると発表他のサイトへした。

同局によると、2020年のデジタルラジオ放送の視聴時間割合は71%と、5年前に比べ22ポイント増えた。

受信ツール別では、より高音質・広域で視聴できるDAB+の視聴時間割合が39%で、国内で最もよく利用されている。インターネット・ケーブルTVは32%、FM放送は29%だった。

リスナーの大半はデジタル・アナログ放送の両方を状況に応じて使い分けている。ただ、アナログのFMラジオしか聴かないという人はスイス人口の13%にとどまった。

スイス政府は17年にFMラジオの終了に向けた法的枠組みを整えた。同年にはノルウェーが世界で初めてFM全国放送を終了している。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場は+こちら+からアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する