Navigation

オオカミの群れほぼ倍増 スイス

スイスでは7匹の出産が確認された Zoo Zürich, Enzo Franchini

専門家によると、スイスでは現在、オオカミの群れが7~9つあるとみられる。1年で個体数も増加した。

このコンテンツは 2020/01/08 09:03
SDA-Keystone/ac

関連団体スイスオオカミグループ他のサイトへによると、国内で暮らすオオカミの群れは現在少なくとも7つあり、前年の4つよりも増えた。社会化されたオスとメス3匹以上が、一定の縄張りで暮らす集団を群れと定義している。

今回発表された数値は、2019年5月初めから2020年4月の終わりまでの期間が対象。オオカミの群れを少なくとも7つだと想定すると、個体数は60〜70匹に上るとみられる。

群れは、グラウビュンデン州(ズルゼルヴァ、オーバーサクセン、ベヴェリン)、ヴァレー(ヴァリス)州(ヴァル・ダニヴィエ、ヴァル・ダントルモン、シャブレー)、ヴォー州(コル・デュ・マルシェル)に生息する。ベルナーオーバーラント地方と中央スイスにも個々に暮らすオオカミがいる。団体によれば、群れの数は最大9つに上るとみられる。グラウビュンデン州のカランダ山塊とティチーノ州のヴァッレ・モロッビアに暮らす2つの群れについては、詳細は分かっていない。

スイス国内のオオカミ分布図 (Rudel = 群れ, Einzeltiere = 個々に暮らす個体) Swiss Wolf Group

団体は、7匹の出産を確認した。 3匹はヴァレー州、3匹はグラウビュンデン州、1匹はヴォー州だった。



この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。