Navigation

ツェルマット再び孤立 アンデルマット、ダボスも

​​​​​​​

ツェルマットでは救出用のヘリコプターを待つ人が長蛇の列を成す Keystone

大雪に伴う雪崩の危険から、スイス南部のスキーリゾート・ツェルマットへの鉄道・道路網が遮断されている。アンデルマットも大雪に見舞われ、ダボスでは住民の一部に非難指示が出た。

このコンテンツは 2018/01/22 13:47

ヴァレー州警察は不要不急の旅行を避けるように呼びかけている。

ダボスにある連邦森林降雪国土研究所(WSL)の雪・雪崩研究所(SLF)他のサイトへはスイスアルプスの北縁全域の雪崩警戒レベルを最大のレベル5に引き上げた。降雪量と最大で時速130キロメートルの強風が組み合わさって、山に足を踏み入れるのは危険な状況になっている。

22日朝時点の雪崩警戒レベル(赤と黒の格子柄はレベル5) SRF-SWI

ツェルマットでは19日夜から旅行客9000人が足止めに合っている。救出用ヘリコプターが多数出動。救出には1人当たり70フラン(約8千円)がかかる。視界が悪いなか、いち早く帰宅したい旅行客は多く、窓口には長蛇の列ができた。それでも途中で救出作業は取りやめとなった 。

スイス中部のアンデルマットは21日夕から孤立状態にある。

世界経済フォーラムの年次総会の開催が控えるダボスも大雪に見舞われている。当局は住民約30世帯に、安全な場所に避難するよう要請した。

低地でも、激しい降雨によって洪水や地滑りの危険が増している。バーゼル・ラインハレ地域では水位が洪水レベルを上回った。スイス中部のムオッタタールでは21日朝、水位の上昇により洞窟を探索していた人々が閉じ込められた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。