スイス選手2人 ノロウイルスに感染

ノロウイルス流行により、平昌のあちこちに消毒液が設置された Keystone

スイスのフリースタイル競技の選手2人がノロウイルスに感染。平昌五輪で選手への感染が報告されたのは初めて。

このコンテンツは 2018/02/16 22:00
Reuters/AP/SDA-ATS/SwissOlympic/ilj/au

平昌では、嘔吐(おうと)や下痢を引き起こすノロウイルスが流行し、これまで200人以上の五輪スタッフが感染していたが、選手への感染が初めて確認された。

スイス五輪委員会の16日の声明では、感染した選手の名前を公表していないが、スイスのメディアは、感染したのはフリースタイル競技のファビアン・ベッシュ選手とエリアス・アンビール選手だと報じている。

他の選手への感染を防ぐため、2人には隔離措置がとられ、ホテルの個室で治療を受けたが、すでに症状は回復しつつあるという。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する