心臓血管病やがんなどの非感染性疾患 治療費は8割、スイス

スイスの医療費はとても高いことで知られている Keystone

スイスで、心臓血管病やがんなどの非感染性疾患(NCDs)にかかる治療費は全体の80%を占めることが、初の調査でわかった。もっとも高額だったのは心臓血管病だった。

このコンテンツは 2018/08/17 07:00
SDA-ATS/ts

欧州の医療経済誌に調査結果が掲載された。調査ではスイスの医療紙を引用し、スイスの非感染性疾患の年間治療費総額は51億フラン(約5610億円)に上るという試算を出した。

最も費用がかかるのが心臓血管病で全体の15.6%(100億フラン)だった。骨関節炎、リウマチ、背中痛などの筋骨格障害は13.4%(87億フラン)だった。

3番目に多かったのがうつ病などの精神疾患で、10.6%(69億フラン)だった。 

がんは全体の6%(39億フラン)で、予想よりも低い結果だったという。がんはスイスで2番目に多い死因だが、大体が命にかかわる状態で治療期間が比較的短いことが要因だという。高価な新薬が開発され、多くの患者の寿命を延ばしている一方で、がんを一種の慢性疾患にしているとも述べた。

医療コストを押し上げる原因と指摘される認知症も、1.7%(11億フラン)にとどまった。調査の担当者は、認知症患者の数は一般に考えられているよりも少なく、患者の親族がケアをすることなどから費用が比較的低く抑えられていると指摘した。

これらの数値は、学際的な研究チームが連邦内務省保健局から委託を受けて行った調査を元にしたもの。この調査は2014年、チューリヒ応用科学大学、チューリヒ大学、スイスの経済調査会社ポリノミクス、保険会社ヘルサナが実施した。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する