競争力と革新力 「経済自由度指数」 欧州ではスイスが首位に

ヘリテージ財団は、スイスには経済の自由をはばむ規制が少ないという

(Keystone)

米国の保守系シンクタンク、ヘリテージ財団が発表した「2016年経済自由度指数」でスイスは、欧州で首位に立った。スイスの法治水準、市場の開放度、監督管理の効率性が評価された一方で、政府支出の項目で評価が低かった。

 ヘリテージ財団は、「スイス経済は、高度な柔軟性と徹底した財産権の保護や汚職への不寛容を盛り込んだ制度上の強さの恩恵を受けている」と指摘している。

 発表他のサイトへでは、スイスは香港、シンガポール、ニュージーランドに次いで第4位にランクインした。

 「おおむね自由な国」は英国(10位)米国(11位)ドイツ(17位)で、「中程度自由な国」はフランス(75位)イタリア(86位)。ギリシャ(138位)は「やや不自由な国」、南アメリカの数カ国が、経済自由度の最も低い「抑制を受けている国」に分類された。北朝鮮は最下位だった。

 ヘリテージ財団はその使命を、「企業の自由、小さな政府、個人の自由、伝統的な米国の価値観、国防の強化に基づく保守的な公共政策の形成と推進」だとしている。

swissinfo.ch

×