Navigation

Skiplink navigation

FIFA汚職関与?のプラティニUEFA前会長「疑いは晴れた」

ミシェル・プラティニUEFA前会長(2016年当時) Keystone

国際サッカー連盟(FIFA)の汚職問題に関与したとして、スイス連邦検察庁が捜査していた欧州サッカー連盟(UEFA)のミシェル・プラティニ前会長(62)は、自身に対する疑いが晴れ、起訴はされないと発言した。プラティニ氏は再びサッカー界に舞い戻る意向を示した。

このコンテンツは 2018/05/29 11:29
SDA-ATS/ts

プラティニ氏は声明で「数年にわたる捜査を経て、スイス連邦検察庁はFIFAの一連の行為に関する私への嫌疑を解き、起訴はしないと正式に認めた」と語った。

フランスの日刊紙ル・モンドも、スイス連邦検察庁がプラティニ氏の弁護士に出した24日付の文書を引用する形で、同様の内容を報じた。

しかしスイス連邦検察庁のアンドレ・マーティ報道官はドイツの通信社に「手続きはまだ進行中。(プラティニ氏側の見解は)間違った解釈だ」と否定した。またAFP通信に対し、ゼップ・ブラッターFIFA前会長への捜査は「まだ終わっていない」とした。

倫理違反

プラティニ氏はFIFAに対し、自身への活動停止処分を取り消すよう求めている。しかしFIFAはプラティニ氏の処分はスイス国内法ではなくFIFAの倫理違反に対するものだとして、取り消しは行わない考えだ。

FIFAはAFP通信に対し、声明で「プラティニ氏がスイス国内の刑事捜査の対象でなかったことはこれまでも分かっていた」と述べた。

プラティニ氏は2011年にFIFAから200万フラン(約2億2千万円)を不正に受給したとして、2015年、サッカー界での活動停止処分を受けた。この金銭の授受は、ブラッター前会長が承認していた。

FIFAの倫理委員会は、ブラッター氏が会長再選に向けて動いていた時期と金銭の支払いの時期が重なっており、透明性に欠けるなどと判断した。ブラッター氏、プラティニ氏の二人はいずれも否定している。

プラティニ氏の処分は当初8年間だったが、スイス・ローザンヌにあるスポーツ仲裁裁判所(CAS)が4年に減免した。

プラティニ氏は「いつ、どこに、どのような形で、それはまだ分からないが、サッカー界に必ず戻ってくる」と話している。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する