Navigation

スイス人ファシスト、アムドルツに懲役1年の実刑判決

ローザンヌ裁判所は、ガストン=アルマンド・アムドルツ(79)に対し、ユダヤ人虐殺とナチの戦犯を否定する記事を繰り返し書いた罪状で、懲役1年の実刑判決を下した。

このコンテンツは 2000/04/12 15:31

ローザンヌ裁判所は、ガストン=アルマンド・アムドルツ(79)に対し、ユダヤ人虐殺とナチの戦犯を否定する記事を繰り返し書いた罪状で、懲役1年の実刑判決を下した。

検察は懲役15ヵ月を求刑していた。1995年の反人種差別法施行以来、この長さの懲役で執行猶予が与えられなかったのは2度目だ。高齢のアムドルツにとっては、懲役1年の実刑は重い。

アムドルツは、第2次大戦末期以来、修正主義の歴史書を売っていた書店の経営者ら一握りのスイス人とともに、ナチ・イデオロギーの奨励者だった。スイスが中立を保持していた第2次大戦中、ベルンのナチ政権代表者と最初にコンタクトを取ったのはアムドルツだと考えられている。

1995年に反人種差別法が施行されて以来150件の訴訟があり、そのほとんどはナチ・イデオロギーに関するものだった。立法にいたるまでに、リベラル派の識者から言論の抑圧の疑念が呈されていた。実際、今でも司法関係者からも同様の懸念が呈されていて、近年中に法の見直しが予想されている。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。