スイス人指揮者、レジオン・ドヌール受章

指揮者のアルミン・ヨーダンが、レジオン・ドヌール勲章を受章した。アンドレ・ガドー駐スイス仏大使が、ジュネーブのグランド・テアトルの式典でヨーダンに叙勲した。

このコンテンツは 2000/04/20 16:52

指揮者のアルミン・ヨーダンが、レジオン・ドヌール勲章を受章した。アンドレ・ガドー駐スイス仏大使が、ジュネーブのグランド・テアトルの式典でヨーダンに叙勲した。

ヨーダンは1932年ルツェルンで生まれた。チューリッヒ・オペラ、バーゼル・オペラ、ザンクト・ガレン劇場のミュージック・ディレクターを歴任した後、ローザンヌ室内楽団の指揮を12年務め、その後1985年から1997年までスイス・ロマンド・オーケストラの専属指揮者を務め、多くの海外演奏ツァーを経験した。ヨーデルは、パリのエンゼンブル・オーケストラの指揮を6年務めたことがあり、また、ヌーベル・オーケストラ・フィルハーモニー・ド・ラジオフランスなどフランスの国立交響楽団の指揮を務め、仏オーケストラとの関わりは深い。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する