スイスのコロナ検査に遅れ?批判も

スイスの研究室の多くが年中無休で稼働している Keystone

スイスの州や主要な疫学者の間で、新型コロナウイルス検査結果の通知が遅く、接触追跡に支障が出ているという批判が挙がっている。ただ管轄のスイス研究所協会の会長は、検査能力を4月以来大幅に拡充しており、批判は正当ではないと否定した。

このコンテンツは 2020/09/01 16:51
Keystone-SDA/ts

スイス研究所協会のウィリー・コンラッド会長はドイツ語圏のタメディアのインタビューで、検査システムのリズムは変わっていないと語った。原則として結果は当日か翌日に通知しているという。ただ、24時間以内の通知が不可能な時もあると語った。

連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の疫学者で、デジタル疫学研究所所長のマルセル・サラテ氏は8月、タメディアとのインタビューで、接触追跡とコロナ検査の結果が通知されるまで時間がかかりすぎると批判した。

コンラッド氏によると、現在は1日約1万件の検査を処理しており、最大では2万件が可能。4月に新型コロナウイルスの第一波が到来した時、負荷が急増して処理能力の上限に達した。

病院で検査を行ってサンプルを研究室に送るのではなく、研究室で直接採取する方法が最も速いが、検査前に医師の診察を受けることは理にかなっているという。コンラッド氏はまた、スイスは一部国外の研究所よりもはるかに作業が早く、多くは24時間年中無休で稼働していると述べた。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場は+こちら+からアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する