Navigation

スウォッチとセガ、共同プロジェクト

スウォッチが、セガ・エンタープライズのドリームキャストからのインターネット接続機能の共同開発に、意欲を見せている。

このコンテンツは 2000/02/25 15:00

スウォッチが、セガ・エンタープライズのドリームキャストからのインターネット接続機能の共同開発に、意欲を見せている。

このプロジェクトは、読み込み・書き込み機能のためのビルト・イン・メモリーチップを持つ、スウォッチ・アクセス・モデルを使用し、ドリームキャスト・ゲーム・コンソールからインターネット経由で、データやメッセージの受信・送信が可能な、最新式ワイヤレス・コミュニケーション装置を開発しようという、セガとスウォッチの共同企画だ。

昨年12月、スウォッチは、米国のヒューレット・パッカードと共同で、インターネット・ウォッチの開発を行っていると言っていた。さらに、スウォッチは、電子メイル、インターネット接続、テレペイメント、データアプリケーションが可能な「e-ウォッチ」の開発も行っていると、発表した。

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?