Navigation

ダボス出席者調査:経済成長を確信、貧富の差拡大を懸念

世界経済フォーラムに出席する財界人達は、世界経済の見通しは明るいと確信しているが、インターネットは貧富の差を広げることになるだろうと、見ている。

このコンテンツは 2000/01/29 16:52

世界経済フォーラムに出席する財界人達は、世界経済の見通しは明るいと確信しているが、インターネットは貧富の差を広げることになるだろうと、見ている。

プライス・ウォーターハウスは、ダボスに集まった1000人以上の財界トップリーダーに意見調査を行った。結果、91%の最高経営責任者達は、向こう3年間の世界経済発展について、「大変」または「ある程度」楽観視していると答えた。

また、貧富の差拡大への技術のインパクトについて、インターネットは「持つ者」と「持たざる者」の差を拡大するか減少するかとの問いに対しては、50%が「広げる」と答え、38%が「世界規模のウェブは全ての人々に恩恵を与える」とし、減少すると答えた。

3分の1の最高経営責任者は、ウェブは情報と顧客獲得の手段として有効なだけでなく、会社運営にも重要だとの認識をしめした。3分の2は、会社の意識確立のためだとし、ウェブに関して限定的な見解を示した。

また、米欧間の技術的なギャップについて、プライス・ウォーターハウスの経営責任者ジェームス・シロ氏は、「ヨーロッパは急速にアメリカに追い付いている。5年前にはヨーロッパはアメリカに5年遅れていたが、現在は1年の遅れにまで追い上げている。」と言う。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。