Navigation

ノバーティス、合併相手をさがす?

ファイナンシャルタイムスは、スイスの巨大医薬品企業、ノバーティスは、アメリカで、合併相手をさがしていると報じた。同紙によれば、ノバーティスは、アメリカンプロダクツまたはファーマチア・アンド・アップジョンを視野に置いている。

このコンテンツは 2000/01/20 17:27

ファイナンシャルタイムスは、スイスの巨大医薬品企業、ノバーティスは、アメリカで、合併相手をさがしていると報じた。同紙によれば、ノバーティスは、アメリカンプロダクツまたはファーマチア・アンド・アップジョンを視野に置いている。

ノバーティスにきわめて近い筋の発言の抜粋によれば、ワーナー・ランバートとの合併話が暗礁に乗り上げたアメリカン・プロダクツとの合併の可能性を探っているとのことだ。

ノバーティスは、この報道に対しコメントを拒否している。

噂は月曜に発表されたグラクソ・ウェルカムとスミスクライン・ビーチャムの合併に続いて流された。しかし、レイ銀行のエレノア・シャラツ氏は、将来の事はわからないとしながらも、報道は割り引きして聞く必要があるとし「ノバーティスにしてみれば何だって可能なわけで、ロシュと合併することすら可能だ。しかし、医薬品業界の合併マニアによってもたらされる噂にたいし、これ以上の仮設をたてるべきではない。」と言っている。

事実は来月予定されている、ノバーティスのアメリカでの投資家廻りの際、より明らかになるだろう。同社の代表ダニエル・バセッラ氏は、世界最大の市場において同グループの存在を強化することを熱望している。合併にせよ買収にせよ、なんらかの計画があるならば、その後が有利だ。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。