Navigation

マベテックス社長、クレムリン高官贈賄で告訴

スイスの建設会社マベテックスのパコリ社長は、クレムリン改築工事をめぐる贈賄事件で告訴された。(右パコリ社長、左エリツィン前ロ大統領)

このコンテンツは 2000/06/01 16:36

スイスの建設会社マベテックスのパコリ社長は、クレムリン改築工事をめぐる贈賄事件で告訴された。(右パコリ社長、左エリツィン前ロ大統領)

ジュネーブのダニエル・デヴォー警察裁判所判事は、パコリ社長を複数のクレムリン高官に400万ドルの賄賂を贈った容疑で、告訴すると発表した。パコリ社長は、告訴の通達を受けたことを認めたが、容疑は全面的に否定している。

また、デヴォー判事は、ロシア大統領府のパヴェル・ボロディン前総務部長に対し、国際召喚状を発行した。ボロディン前総務部長一家は、パコリ社長から、かなりの額の賄賂を受け取った疑い。ボロディン前総務部長は、ロシア・ベラルース連合の名誉書記長に任命されているが、告発や喚問に対する免責特典は認められないと、デヴォー判事らジュネーブ当局は断言している。

マベテックス社は、莫大な利益が期待されるクレムリン改築工事を落札する見返りとして、複数のクレムリン高官らにキックバックを支払ったとの疑惑があった。昨年、パコリ社長は、ボリス・エリツィン前ロシア大統領の家族のクレジットカードの支払いを請け負っていたと、告発された。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。