Navigation

前露大統領府総務部長、ニューヨークで狂言入院?病院は入院を拒否

資金洗浄疑惑でスイスの国際手配により1月ニューヨークで身柄を拘束されスイスへの身柄引き渡しを待つパヴェル・ボロディン前露大統領府総務部長は、13日心臓発作を起こしたとして緊急入院しようとしたが、病院側は検査の結果異常なしとして入院を拒否した。

このコンテンツは 2001/03/13 13:40

ボロディン氏は慢性心臓疾患があり1月17日以来の逮捕・拘留によるストレスから発作を起こしたと主張しているが、匿名情報筋によると、彼の健康状態は良好だという。

ボロディン前露大統領府総務部長は、スイスの建設会社マベテックスとメルカタの2社からクレムリン改築工事落札を保証しキックバックを取ったとされ、ジュネーブ検察当局はその時受け取ったと思われる2、500万スイスフランが預金されていたスイスの銀行口座にボロディン氏がアクセスしたこと、またその2、500万スイスフランが行方不明になっているという証拠をつかんでいる。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。