ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

前露大統領府総務部長、ニューヨークで狂言入院?病院は入院を拒否

資金洗浄疑惑でスイスの国際手配により1月ニューヨークで身柄を拘束されスイスへの身柄引き渡しを待つパヴェル・ボロディン前露大統領府総務部長は、13日心臓発作を起こしたとして緊急入院しようとしたが、病院側は検査の結果異常なしとして入院を拒否した。

ボロディン氏は慢性心臓疾患があり1月17日以来の逮捕・拘留によるストレスから発作を起こしたと主張しているが、匿名情報筋によると、彼の健康状態は良好だという。

ボロディン前露大統領府総務部長は、スイスの建設会社マベテックスとメルカタの2社からクレムリン改築工事落札を保証しキックバックを取ったとされ、ジュネーブ検察当局はその時受け取ったと思われる2、500万スイスフランが預金されていたスイスの銀行口座にボロディン氏がアクセスしたこと、またその2、500万スイスフランが行方不明になっているという証拠をつかんでいる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×