不法就労者の合法化をめぐって議論が分かれるスイス

就労や滞在の許可を法的に得ていない、不法滞在者「サン・パピエ」。人権擁護団体はスイス当局に対して、家事手伝いとして無許可で雇われている外国人に対し、就労許可書と滞在許可を与えるよう訴えている。これに対し、保守派の政治家は「現行法のもとでは国外追放が正しい対応だ」との理由から、聞く耳を持とうとしない。(SRF/swissinfo.ch)

swissinfo.ch



この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する