ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

新型コロナウイルス 新型コロナ後の人の動き、携帯端末データで分析 スイス政府

携帯

新型コロナウイルス封じ込め対策がどれだけ守られているか、政府が国民を「チェック」していたーー?

(Keystone / Nick Soland)

政府の要請で通信大手スイスコムが利用者の携帯電話端末位置データを収集し、政府の外出自粛要請などがどれだけ守られているかを検証していたことが分かった。データは24時間前のもので、匿名化もされているが「プライバシー侵害につながるのでは」との懸念も上がる。

分析の結果、スイス国民は政府の措置をきちんと守っていたという。

アラン・ベルセ内相は25日、スイスコムが政府の要請を受け、携帯電話端末の位置データから集団の規模を検知していたことを認めた。データは受信から24時間経ったものを匿名化して政府に提出。用途も新型コロナウイルス対策に限られた。

連邦内務省保健庁感染症班のダニエル・コッホ班長は26日の会見で、「これは監視ではない」と強調。収集したデータは24時間前のもので、ユーザーの動きをリアルタイムに追跡したものではないと語った。

コッホ氏はまた、データの匿名性は厳守され、データ保護に関しても100%安全だと述べた。

ソーシャル・ディスタンシング

スイス連邦内閣はウイルス封じ込め策として5人を超える集まりを禁止し、バーやレストランなど生活必需サービス以外の店舗を営業停止とした。スイス国内では1万人を超える感染者が出ている。

今回の措置では、1万平方メートル以内で20台の携帯電話端末が確認された場合、スイスコムが連邦政府に報告していた。住宅地や事業所は除外された。

フランス語圏の日刊紙ル・タンがこの件を報道。スイスコムの広報担当クリスティアン・ノイハウス氏はスイスの通信社Keystone-SDAに対し、人の行動をリアルタイムで追跡はしておらず、SIMカードのデータは24時間の間を空けて政府に報告したと語った。

プライバシーの問題

テクノロジーを駆使して隔離措置にある人を監視し、あるいは感染を追跡するー。それがプライバシーの侵害や国による国民監視につながるのではないかという懸念が高まっている。中国では、中国政府が顔認識やモバイル追跡アプリなどのツールを使用して、コロナウイルスの震源地・武漢の市民の健康状態や人の動きを監視していたという報道もある。

ベルセ内相は25日の会見で、個人の動きをリアルタイムで追跡する意図は全くなかったと釈明。データにアクセスできたのは保健庁のごくわずかの職員だったとも述べた。

通信事業者の業界団体GSMAは25日、ボーダフォン、ドイツテレコム、オレンジほか5つの通信プロバイダーが新型コロナウイルスの感染拡大を追跡するため、欧州委員会と携帯電話の位置情報を共有することで合意したと発表した。

外部リンクへ移動

ニュースレター

週に1回お届けするswissinfo.chの日本語ニュースレターをご希望の方はこちらからご登録ください。

Keystone-SDA/jdp

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform mountain

デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル

デジタル化が可能にした山での暮らしとワークスタイル

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。