ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

海外から見たスイス 海外メディア、2018年はトランプ氏のダボス会議出席やサッカー選手の「双頭の鷲」ジェスチャーに注目

ダボス会議のスクリーンに映るトランプ米大統領

今年1月スイスのリゾート地ダボスで開催された世界経済フォーラム(WEF)の年次総会に出席したトランプ米大統領

(© KEYSTONE / GIAN EHRENZELLER)

トランプ米大統領のダボス会議出席、テニスのスター選手ロジャー・フェデラー、サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会でスイス代表選手が見せた「双頭の鷲」ジェスチャー。今年、海外メディアやソーシャルメディアで特に注目されたスイスのトピックだ。スイスの存在と魅力を国外にアピールし、スイスのイメージアップを図る連邦外務省の機関プレゼンス・スイスが報告他のサイトへした。

プレゼンス・スイスは、海外の報道機関や、ツイッターを中心にしたソーシャルメディアの年間モニタリングを行っている。ディレクターの二コラ・ビドー氏は、「ダボスのドナルド・トランプ、オーストラリアでのロジャー・フェデラー、W杯ロシア大会での『双頭鷲』のジェスチャー。これらが2018年、スイスのイメージに影響した重要な出来事だった」と話した。「そこにはスイスという国の、世界に対するオープンな姿勢、その競争力、コミットメント、そして文化的多様性が表れていると感じた」

米大統領が世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)に出席するのは、2000年のクリントン大統領以来トランプ氏が初めてだったフェデラー選手は、再びテニスの世界ランキングの頂点に見事に返り咲き他のサイトへ、ATP年間最終ランクでは14度目にトップ3入りした。

6月には、サッカー・スイス代表でコソボ系アルバニア人にルーツを持つグラニット・シャカとジェルダン・シャキリが、W杯のスイス対セルビア戦で決勝ゴールを決めた際、「双頭の鷲」のポーズをとったことが物議をかもした。2選手および主将のシュテファン・リヒトシュタイナーは胸の前で手の甲を交差させ、アルバニア国旗に描かれる双頭の鷲を模した。これに対し国際サッカー連盟(FIFA)は、「スポーツマンらしくない行為」だとして3人に罰金処分を下している。この出来事は、スイスのサッカー代表選手の二重国籍をめぐる国民的な議論にも発展した。

移民と社会統合に関する話題では、異性と握手を拒んだローザンヌのイスラム教徒夫婦が国籍取得を認められなかった件や、ザンクト・ガレン州のブルカ着用禁止を問う住民投票などが海外メディアに取り上げられた。

また、スイスと欧州連合(EU)の二国間枠組み条約をめぐる交渉が注目を集めているほか、ロシア外交官のスイス国内でのスパイ活動疑惑をめぐるロシアとの緊張、スイス在住のカタルーニャ独立派に関する報道にも言及された。

スイスの国民投票も海外で注目を集めたようだ。特に、公共放送の受信料廃止案や、中央銀行にのみ信用創造を認めるソブリンマネー・イニシアチブ、牛の除角反対イニシアチブなどが海外で話題になった。

一方で、過去に比べ金融の中心地としてのスイスの役割に対する注目度は下がっている。だが全体的には「より好意的な報道」だったとした。

プレゼンス・スイスによると、海外記者が報道するスイスに関する記事の総数は2015年以降年々減少しているという。主に海外ニュース部門での予算が削減されていることが原因だとみている。


(英語からの翻訳・由比かおり), Keystone SDA/sb

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。