スイスの交通渋滞、経済損失2千億円に

貨物トラックなど大型車両が引き起こした渋滞により、2015年に4億4400万フラン(約500億円)に相当する「無駄な時間」が発生した © KEYSTONE / TI-PRESS / DAVIDE AGOSTA

スイス連邦環境・運輸・エネルギー・通信省国土開発局は8日、2015年に交通渋滞によって発生した経済損失は19億フラン(約2千億円)と、前回調査の10年に比べ7%増えたと発表した。

SDA-ATS/cl

時間の浪費によって発生した費用が損失の7割を占め、10年比14%増えた。大気汚染による費用も12%、森林被害などその他の環境汚染も13%それぞれ増大した。

エネルギー費用はマイナス6%と微減。事故関連費用は4億5千万フランで、10年比8%減ったが依然として全損失の約4分の1を占める。

速度向上のための減速?

国土開発局は経済損失の算出により、インフラを整備し渋滞を和らげることに繋げると説明する。短期的な解決策としては、勤務時間や学校の時間割の柔軟化や、在宅勤務やテレビ会議の推進などがある。長期的には、交通機関の料金設定を工夫して交通渋滞を減らすことができる。

交通環境協会(ATE)によると、走行速度の制限も渋滞を減らす効果的な方法な方法の一つだ。

ATEは8日、国土開発局の報告書に合わせ「スピード・ハーモナイゼーション(調和)」システムを導入し渋滞の緩和を狙うと発表した。

連邦道路局が国内の高速道路で実験したところ、時速100キロや80キロに制限した部分で車の流れがよくなり、走行時間が「全体的に減少」した。

ハーモナイゼーションシステムが機能するかは交通の状況次第だ。混雑が激しいときに制限速度が抑えられることで、道路の容量が増え、道路の安全性が向上する。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する