ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

スイスは生活費が世界で最も高い国の一つ。2015年のランキングではチューリヒとジュネーブが世界の1、2位を占めた。

スイス国立銀行(中央銀行)がスイスフランの対ユーロ上限撤廃を発表したのは2015年1月15日。これを受けフランが上昇、スイスの製品やサービスはユーロ圏の国々と比較してさらに割高になった。

同年9月に大手銀UBSが公表した調査によると、チューリヒとジュネーブがニューヨークを抑えて世界で最も生活費の高い国の1、2位に並んだ。

同調査は家賃を除く122種の品目とサービスの価格を基に、3人家族の1カ月あたりの生活費を比較。チューリヒは3600ドル(約39万8000円)で、ジュネーブが3500ドルだった。ニューヨークは3340ドルで3位だった。ちなみに、チューリヒのアパート(寝室2部屋、家具なし)の家賃は月平均約2390ドル。

ただ、チューリヒとジュネーブは給与が世界で最も高い。住民の購買力ランキングではルクセンブルクに次いでチューリヒが2位、ジュネーブが3位に入った。また、チューリヒ住民は1時間で41ドル以上を稼ぎ、キエフ(ウクライナ)住民の21倍に上ることも分かった。

欧州連合統計局(ユーロスタット)の調べ他のサイトへ(2016年)によると、スイス家庭の出費総額は欧州連合(EU)の平均値を約6割上回る。

swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。