Peter Siegenthaler

関心テーマ:社会・政治全般。 イニシャル:psi

ベルン大学でマクロ経済学を学ぶ。1985年から記者として活動。ベルンの日刊紙ブント、ドイツ語圏のスイス公共放送(SRF)を経て2006年にswissinfo.ch入社。

おすすめの記事

スイスはマスク着用義務なし、ロックダウン緩和でどうなる

このコンテンツは 2020/04/23 スイスは27日から、新型コロナウイルスによるロックダウン(都市封鎖)が段階的に解除される。公共交通機関も徐々に通常のダイヤに戻る。27日は理髪店・美容院、美容サロンなどが営業を再開する。政府はマスク着用は義務付けないが、必要な人に行き渡るようバックアップする。

おすすめの記事

「生活保護」への根強い偏見 国籍取得でも

このコンテンツは 2020/03/03 「過去10年間、生活保護を受けていないことがスイス国籍取得の要件」。これはアールガウ州の有権者3分の2が賛成し、可決された規定だ。これにより、同州では他の大半の州と比べ、スイスに帰化するためのハードルが高くなった。生活保護受給者と関わるイングリッド・ヘスさんは「この投票結果は、生活保護がいかに...

おすすめの記事

「落選を恐れる人間は、政治に携わるべきではない」

このコンテンツは 2019/12/10 12月11日のスイス閣僚選で、緑の党のレギュラ・リッツ党首は閣僚ポストの獲得を目指す。となると閣僚ポストを明け渡すのはどの政党か?最も危うい立場にあるとされているのはイグナツィオ・カシス外相。だが政治専門家はカシス氏が落選する可能性は低いとみる。

おすすめの記事

ガソリンも炭素税の対象に?

このコンテンツは 2019/11/12 気候変動対策を求め、世界中に環境デモの波を巻き起こしたスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん。その声はスイス政治にも届くのだろうか。連邦議会では現在、二酸化炭素(CO2)排出規制法の全面改正を検討中だ。誰がどこで、何パーセントの排出量を削減すべきかのせめぎ合いが続く中、とりわけ意見が...

おすすめの記事

「グレタは我々のなしえなかった方法で世界を動かした」

このコンテンツは 2019/10/06 スイスでは、最近まで地球温暖化に目もくれなかった政治家でさえ、温室効果ガス削減を声高に訴えるようになった。彼らを突き動かしたのはほかでもない若者の気候デモだ。しかし政治は実効性のある政策を作っているのだろうか。世界自然保護基金(WWF)の気候専門家は懐疑的だ。

おすすめの記事

湖畔は誰のもの? フェデラーの土地購入で論争再燃

このコンテンツは 2019/08/17 湖畔の生活より美しいものがこの世にあるだろうか?スイステニス界のスーパースター、ロジャー・フェデラー選手がチューリヒ湖畔に土地を購入し、夢の生活を手に入れようとしている。しかもそこから湖を見渡す眺望が誰かに邪魔されることはない。州や自治体が側面支援してくれるのだから。

おすすめの記事

スイスでの就職、EU域外出身学生に高いハードル

このコンテンツは 2019/05/15 世界でキャリアを築きたい人にとって、スイスの大学の卒業証書は強力な切り札となる。もちろんスイスの企業にとっても、スイスの大学を卒業した外国人スペシャリストはぜひ確保したい人材だ。しかし、卒業生の出身国が欧州連合(EU)や欧州自由貿易連合(EFTA)域外だった場合、複雑な規定や移民法がスムーズな...