Navigation

Renat Kuenzi

関心テーマ:スイス政治、国内外の民主主義プロセス。 イニシャル:rk

ベルン大学で歴史学と政治学を学ぶ。通信社ロイター、日刊紙ブント、ベルナー・ツァイトゥング、ラジオ・フェルダーバントを経て現在に至る。関心テーマはスイスで実践される現代の直接民主制。スイスの直接民主制をあらゆる面、あらゆるレベルから取材する。常に市民を記事の中心に据える。

ドイツ語編集部

おすすめの記事

シリーズ

「表現の自由」は誰が規制すべきか?

このコンテンツは 2021/03/12 1月の米国連邦議事堂襲撃事件や、トランプ前米国大統領のアカウントがいくつかのSNSで凍結されたことを機に、巨大プラットフォーム企業による「表現の自由」の規制を巡る議論が巻き起こっている。米国、欧州、スイスは、この権利を誰がどう規制しているのだろうか?

おすすめの記事

台湾のデジタル民主主義からスイスが学べること

このコンテンツは 2019/12/16 スイスの直接民主制は、古いアナログな制度としては「世界一」とされる。だが、電子投票制度の導入が失敗するなど、デジタル化への道は極めて険しい。一方、台湾はデジタル版の参加型民主主義で世界の先端を行く。異色な経歴を持つ台湾のデジタル担当相、唐鳳(オードリー・タン)氏にその成功の理由について聞いた。

おすすめの記事

何でもできる電子身分証、スイス国民は不信感

このコンテンツは 2019/06/19 公的証明書のダウンロード、保険のアップグレード、電子投票制度を利用して国民投票への参加も、ログイン一つでできるとされる。電子身分証をすでに導入している国もあるが、スイスでは議論が続く。時代に乗り遅れないよう、政府と連邦議会は法案を作成したが、その内容は国民の期待からずれている。

おすすめの記事

スイス最大の「ロビイスト」は誰?

このコンテンツは 2019/04/12 スイスでは今秋、連邦議会議員の総選挙が行われる。有権者の代表として選ばれる議員だが、企業や団体の利益を積極的に代弁することが増えている。スイスの議員は兼業が認められているとはいえ、議員自身が「ロビイスト」になれば民主主義が揺らぎかねないと専門家は危惧する。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。