Navigation

Sibilla Bondolfi

主な取材テーマ:外交政策、外交、開発協力、法律。 イニシャル:sb

法学博士。主に日刊紙NZZ、雑誌K-Tipp、ザルド、プレドイヤー、日刊紙チュルヒャー・オーバーレンダーで記事を執筆してきた。

ドイツ語編集部

おすすめの記事

今の時代も「中立は切り札」 スイス元外相の中立論

このコンテンツは 2021/02/10 「中立」はスイス外交政策の要の1つだ。しかし新たな形の紛争、テロ行為、サイバー攻撃といった現代の問題を前にしても、いまだ重要と言えるだろうか?元スイス外相のミシュリン・カルミ・レ氏はswissinfo.chの取材に応じ、中立が今後もスイスの「切り札」である理由を語った。

おすすめの記事

スイスのミニマルハウスが「ソ連的」と見なされたころ

このコンテンツは 2020/07/28 スイスでは1920年代、労働者階級向けに安上がりの小さな家が建設された。造っていたのは「新建築」運動に携わっていた建築家たちだ。これは全面的に支持されていた施工法ではなく、なかには共産主義的だとの見方をする人々もいた。しかし、その着想のいくつかは現在、このような批判をくぐり抜けて定着している。

おすすめの記事

近くて遠いスイスの祖父母・孫関係

このコンテンツは 2020/05/15 「祖父母は孫を抱き締めてもいいが、子守りはダメ」――スイスで新型コロナウイルス対策の前線に立つ保健庁のダニエル・コッホ氏の説明は、孫との再会を待ち望んでいたスイス中の祖父母を喜ばせた。今回のコロナ危機は、スイスの祖父母と孫の関係性の意義を改めて浮き彫りにした。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。