Navigation

ヨルダン首都アンマンにスイス在外公館を新規開設

13日夕に行われた開設式典でスピーチをするスイスのイグナツィオ・カシス外相(左) Keystone

スイスのイグナツィオ・カシス外相は13日、ヨルダンの首都アンマンで新設されたスイス在外公館の開設式典を行った。

このコンテンツは 2018/05/14 13:00
SDA-ATS/ln

連邦外務省(EDA/DFAE)は13日の声明他のサイトへで、スイスにとってヨルダンは重要な役割を担う国とし、在外公館の新設がヨルダンとスイスの二国間関係を更に促進すると強調した。

13日夕に開催された式典には、ヨルダンのアイマン・サファディ外務・移民大臣も出席した。

在外公館で、外交、国際協力、領事業務も兼務する。

スイスは2001年から開発協力の枠組みでヨルダンを支援。活動の一環としてこれまでに、シリア難民が通う地域での学校の再建などに協力した。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。