川に飛び込むサンタ

Keystone
このコンテンツは 2017/12/04 14:45

スイス・チューリヒで3日、聖ニコラウス寒中水泳大会(Samichlaus-Schwimmen)が開かれた。水着とサンタの帽子だけを身にまとい、324人がチューリヒ湖に注ぐリマト川に飛び込んだ。

第18回 を数える今年の大会は気温ゼロ度、水温7.5度と厳しい寒さに。46人が棄権したため、参加者の最多記録(347人)は破れなかった。

大会への参加条件は16歳以上で健康であること。身に着けられるのは水着のみで、保護スーツの着用やクリームの塗布は禁止だ。サンタなど仮装は奨励されている。

2011年以降、参加枠は即完売。約2000フラン(約23万円)の売り上げは、障害者向けのタクシー「Tixi」に寄付される。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する