ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

責任相応? スイス大企業の役員報酬、6.3億円

man with briefcase

スイスの大企業役員たちは、かかとだけでなく財布もすり減らしているようだ

(© KEYSTONE / GAETAN BALLY)

スイスの大企業の役員報酬が大きく減少している。2017年の大手20社の中央値は3割近く下がり、金融危機直後の2009年以来の低水準になった。

国際会計企業プライスウォーターハウスクーパーズ(PwC)が27日発表した役員報酬リポート他のサイトへによると、スイス株価指数(SMI)他のサイトへに算入される20社の最高経営責任者(CEO)の年収は、中央値が550万フラン(約6億3千万円)と、前年の770万フランから29.5%減った。

SMIに算入される企業は時勢により入れ替わるが、ロシュやノバルティスなどの製薬大手やUBS、クレディ・スイスといった金融機関、ABB、ネスレ、スウオッチグループなどの多国籍企業が常連。中央値は、それ以上稼ぐCEOとそれ以下のCEOの人数が等しいことを指す。

中型株の指数SMIM他のサイトへに算入される企業のCEOの年収は330万フランと、前年比7.6%減った。ただ09年比では54%高い水準にある。

一方、小企業では140万フランと3.5%増えた。09年比では12.7%多い。

ドイツよりは控えめ

PwCは今回初めてドイツ企業の役員報酬と比較した。ドイツ株式指数(DAX)算入企業の役員報酬は680万フランと前年より1割超増え、スイス大企業を24%上回った。

ドイツの小企業も160万フランとスイスより多かった。中企業だけはスイスの方が多く、ドイツの中型株MDAX算入企業は300万フランだった。

法外な給与 スイスの社内年収格差、なお143倍 最高収入はUBSの15.6億円

スイスの大企業では、社内で最も年収の多い人は最も少ない人の平均143倍を得ていることが分かった。2013年に上場企業の経営者らに支払われる法外な報酬の抑制を目指すイニシアチブ(国民発議)が圧倒的多数で可決されたが、年収格差の縮小は進んでいない。

このコンテンツは2018/06/21 17:00に配信されました

Keystone-SDA/sm

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。