Navigation

2009年12月末の失業者数 過去12年間で最悪に

新聞の求人告を見る。競争相手はこの1年間で確実に増えた Keystone

1月8日に連邦経済省経済管轄局 ( SECO ) が発表したところによると、2009年12月の失業率は4.4%と12年ぶりの最高値を記録した。

このコンテンツは 2010/01/08 10:15

2009年12月末に地域労働センター ( RAV ) に登録していた失業者の数は、前月より8790人多い17万2740人。2009年11月の失業率は4.2%だった。

金融危機の足跡

平均失業者数で見ると、2009年は14万6089人と前年の10万1725人を上回り、増加率は43.6%に上った。平均失業率は3.7%、前年は2.6%だった。

前年同月と比較すると失業者数は5万3978人多く、45.5%の上昇率となる。15歳から24歳までの若者の間では特に失業者が増えており、前年同月比54%増の1万409人となった。

国際的な金融市場の動揺は、スイスの労働市場にはっきりと足跡を残した。2008年には月別、あるいは年平均の失業者数で6年ぶりの最低値を記録したが、そのわずか1年後には景気後退のため合計5万人以上が職を失った。

2009年の年間を通して見ると、失業率が下がったのは5月のみ。ほかの月はいずれも上昇した。特に目立つのは、通常は失業者の減少が見られる2月から4月の間にも失業者数が増加したこと、そして6月と8月に極端に失業者が増えたことだ。2008年12月から翌年12月までの1年間の間に、失業者数は11万8762人から17万2740人に跳ね上がった。

失業者数の増加に伴い、求職者数も増えている。2008年12月末から2009年末の間に、求職者数は17万1279人から23万4359人に増加した。1年間で6万3080人増えた計算だ。

swissinfo.ch

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。