スイスの視点を10言語で

スイス映画「アラ・カチュー」アカデミー賞短編部門にノミネート

アリーナ・トゥルドゥママトヴァ
アリーナ・トゥルドゥママトヴァ演じる19歳の少女・セジム Filmgerberei

ドイツ・スイス両国籍のマリア・ブレンドル氏(38)が脚本・監督を務めた映画「Ala Kachuu―Take and run(仮題:アラ・カチュー 誘拐結婚)」が今年のアカデミー賞短編実写映画部門にノミネートされた。

38分の同作の舞台はキルギスタン。主人公はアリーナ・トゥルドゥママトヴァ演じる19歳の少女・セジムだ。大学に行くのを夢見ているが、誘拐され、見知らぬ人との結婚を強いられる。セジムに突き付けられた選択肢は2つ。結婚を拒んで村八分になるか、夢を実現するために結婚するか、だ。

▼「Ala Kachuu―Take and run(仮題:アラ・カチュー 誘拐結婚)」予告編

外部リンクへ移動

ブレンドル監督は、「アラ・カチュー」と呼ばれる誘拐結婚はキルギスタンでは禁止されているが、他の国々では伝統を装って根付いている、と同作のウェブサイト外部リンクで語った。悲運から逃げられる少女はほんの一握りだという。

「社会的に追放されるのを恐れて、運命を受け入れてしまう人が多い」

ブレンドル氏は、映画を通じて「女性の権利に対する社会の意識を高め、声なき声を世の中に届けたい」と語った。

ドイツ生まれのブレンドル氏はチューリヒ芸術大学卒業。現在はチューリヒに住み制作活動を行っている。

過去30年以上、スイスの俳優や監督はアカデミー賞を受賞していない。1991年に最優秀外国語映画賞を受賞したサヴィアー・コラー監督「ジャーニー・オブ・ホープ」(1991年)が最後だ。

8日発表された短編実写映画賞の最終候補は5本。第94回アカデミー賞は来月27日にハリウッドで発表される。

(英語からの翻訳・ムートゥー朋子)

人気の記事

世界の読者と意見交換

ニュース

洪水の被害を受けた地域

おすすめの記事

ツェルマット行き鉄道、少なくとも8月中旬まで一部区間で運休 大洪水で

このコンテンツが公開されたのは、 スイス南部を中心に発生した大規模な洪水の影響を受け、ツェルマット~ディセンティス間を結ぶマッターホルン・ゴッタルド鉄道(MGB)は、少なくとも8月中旬まで一部区間で運休するとの見通しを明らかにした。

もっと読む ツェルマット行き鉄道、少なくとも8月中旬まで一部区間で運休 大洪水で
スイスは対ロシア制裁リストを拡大した

おすすめの記事

スイスが対ロシア制裁リストを拡大

このコンテンツが公開されたのは、 スイスは対ロシア制裁リストを拡大した。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が続いていることを受け、欧州連合(EU)が決定した変更を採用した。

もっと読む スイスが対ロシア制裁リストを拡大
人工知能(AI)による雇用喪失への懸念はスイスが最も低かった

おすすめの記事

AIによる失業懸念、スイスは最低

このコンテンツが公開されたのは、 人工知能(AI)は日々の仕事に影響を与えている。スイスでは、多くの人たちが仕事を含めAIを使っているが、この新しいテクノロジーのせいで仕事を失うと心配している人は比較的少ないことが最新の調査で分かった。

もっと読む AIによる失業懸念、スイスは最低
核兵器禁止を訴える団体

おすすめの記事

核兵器禁止条約への加盟求めスイスで署名集め開始

このコンテンツが公開されたのは、 スイスの市民団体「核兵器禁止を求める同盟」は、国連核兵器禁止条約への加盟を求めるイニシアチブ(国民発議)を立ち上げた。必要な署名が集まれば国民投票が実施される。

もっと読む 核兵器禁止条約への加盟求めスイスで署名集め開始
スイスの伝統衣装を着た女性

おすすめの記事

スイス民族衣装祭りに観光客10万人

このコンテンツが公開されたのは、 スイス・チューリヒで6月28~29日、連邦民族衣装祭りが14年ぶりに開催され、延べ約10万人の観客が訪れた。

もっと読む スイス民族衣装祭りに観光客10万人
UBSとクレディ・スイスのロゴが入った窓ガラス

おすすめの記事

クレディ・スイスのスイス法人が消失

このコンテンツが公開されたのは、 スイス二大銀行だったUBSとクレディ・スイスの現地法人の合併が1日、完了した。今後スイス国内でも「クレディ・スイス」の看板撤去が進むことになる。

もっと読む クレディ・スイスのスイス法人が消失
マルティン・シュレーゲル氏

おすすめの記事

連邦内閣、マルティン・シュレーゲル氏をスイス中銀新総裁に任命

このコンテンツが公開されたのは、 連邦内閣はスイス国立銀行(SNB、中銀)の新総裁に予想通りマルティン・シュレーゲル副総裁を任命した。ペトラ・チュディン氏が新たな理事会メンバーとなる。

もっと読む 連邦内閣、マルティン・シュレーゲル氏をスイス中銀新総裁に任命
職場の犬

おすすめの記事

職場のワンコ、従業員の満足度を向上 スイス調査

このコンテンツが公開されたのは、 犬は職場の雰囲気を良くし、飼い主だけでなく他の従業員にとっても良い影響を与える――スイスの労働者を対象に実施された調査は、職場に犬がいることの効用を強調する。

もっと読む 職場のワンコ、従業員の満足度を向上 スイス調査
アラン・ベルセ

おすすめの記事

スイスのアラン・ベルセ元内相、欧州評議会の事務総長に当選

このコンテンツが公開されたのは、 25日に開かれた欧州評議会(本部・仏ストラスブール)総会で、スイスのアラン・ベルセ元内務相(52)が新事務総長に選出された。スイス人が同ポストに就くのは初めて。

もっと読む スイスのアラン・ベルセ元内相、欧州評議会の事務総長に当選

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部