スイスの視点を10言語で

スイスの雪崩リスクマネジメント ユネスコ無形文化遺産登録へ

Avalanche
1936年以降、スイスでは毎年平均して23人が雪崩の犠牲になっている Michael Bründl, SLF

スイスとオーストリアは、雪崩リスクマネジメントへの貢献が評価され、ユネスコ無形文化遺産として登録されることが決まった。無形文化遺産は有名な伝統行事、芸術形態や習慣などを対象とする。

スイスとオーストリアで何世代にも渡り絶えず更新され、継承されてきた雪崩リスクマネジメント外部リンクの知識、経験、戦略はこれまでも世界文化遺産に値するとして認識されていたが、パリが拠点の国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)は29日、正式にユネスコ世界無形文化財に認定し、「人類の無形文化遺産」のリスト外部リンクに追加した。


PLACEHOLDER

連邦司法省は声明外部リンクのなかで、「アルプス地域の雪崩のリスク管理には、広範な知識体系が必要」とし、「有名なセントバーナードなどの救助犬の訓練に始まり、積雪の分析、雪崩の記録、家屋の保護、山岳ガイドの訓練、ノウハウの伝授など、アルプスに住む人々は数世紀にわたって雪崩に対処する特別な戦略を構築した」と述べている。

登録の申請は2007年に連邦文化庁、連邦雪・雪崩研究所(SLF)外部リンク、ヴァレー(ヴァリス)州、その他複数のオーストリアの団体や機関が共同で行った。

長い歴史

スイスが他と異なる点は、リスクマネジメントが何世紀前にもさかのぼり、そのノウハウの多くが記録として書き記されていること、そして技術のレベルが洗練されていることだ。

1945年以来、連邦雪・雪崩研究所は毎日2回、スイスの雪崩に関する速報外部リンクを作成するよう義務付けられている。この速報は訓練を受けた200人の専門家がアルプスに点在する170カ所の自動計測ステーションのデータ用いて作成する。こういった観測用の設備は他国にもあるが、スイスではネットワークの密度や、訓練と専門知識のレベルの高さが抜きん出ているという。

Protective barriers on the Schiahorn mountain above the town of Davos in eastern Switzerland
スイス東部のダボスにあるシアホルンに設置された雪崩防止柵 Stefan Margreth, SLF

連邦雪・雪崩研究所の2016年の報告によると、管理区域(道路、鉄道、地域社会、安全なスキー場)で雪崩の被害に遭う人の数は過去80年間で大幅に減少したが、ゲレンデから離れた場所でスキーを楽しむ人の増加もあり、開けた地域での被害者数は横ばいだ。スイスのアルプス地区とジュラ地区では1936年以来、約2千人が命を落としている。

管理区域では、1940年末からの平均犠牲者数はわずかながら減少。2010年代は、年間平均1人未満の割合。スイスでは大型の雪崩が毎年平均して23回発生している。 

スイスがユネスコの「無形文化遺産」を授与されたのは、スイス最大のカーニバルであるバーゼルのファスナハトと、ヴヴェイのフェット・デ・ヴィニュロン(ワイン生産者の祭り)に続いて3度目だ。他にも、スイスの時計製作のノウハウ、グラフィックデザインとタイポグラフィー、山の牧草地の季節、ヨーデルと聖週間にメンドリージオで行われる行進もユネスコに登録申請をしている。

スイスには現在、ラヴォー地区の葡萄畑、ザンクト・ガレン修道院、ベルンの旧市街など9件の文化遺産と3件の自然遺産を合わせて12件の世界遺産外部リンクがある。

人気の記事

世界の読者と意見交換

ニュース

生まれたての赤ちゃん

おすすめの記事

スイスの出生率1.33、過去最低を更新

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦統計局は20日、2023年の人口動態統計の確定値を発表し、2023年の合計特殊出生率は1. 33と、過去最低を更新したことがわかった。前年の1.39から最低水準を2年連続で更新した。

もっと読む スイスの出生率1.33、過去最低を更新

おすすめの記事

少年への有罪判決が増加 公務執行妨害・性犯罪など

このコンテンツが公開されたのは、 スイス連邦統計局は18日、2023年に少年に対して下された有罪判決は2万3080件と、前年比11%増えたと発表した。特に15歳未満の犯罪は長期的に増加傾向にある。

もっと読む 少年への有罪判決が増加 公務執行妨害・性犯罪など
スーツを着た男性の顔写真

おすすめの記事

スイスが冒した「稀有なリスク」 平和サミットの舞台裏

このコンテンツが公開されたのは、 世界中から100の代表団がスイスに集結した「ウクライナ平和サミット」。実行委員会トップとして参加国の招待や共同声明の草案作りを担ったスイス外務省のガブリエル・リュヒンガー氏が舞台裏を振り返った。

もっと読む スイスが冒した「稀有なリスク」 平和サミットの舞台裏
マンション

おすすめの記事

スイスでマイホームが賃貸よりお得に

このコンテンツが公開されたのは、 スイスでは住宅ローン金利の低下と家賃上昇により、2025年初めには不動産を賃貸するより購入した方が安上がりになる――こんな見通しを銀行最大手UBSが発表した。

もっと読む スイスでマイホームが賃貸よりお得に
イスラム教徒の墓に描かれたナチスの鉤十字

おすすめの記事

ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票

このコンテンツが公開されたのは、 ジュネーブで9日行われた住民投票で、ナチスの鉤十字などのヘイト・シンボル表示を禁止する憲法改正案が84.7%の賛成で可決された。投票率は46%だった。

もっと読む ヘイト・シンボルを禁止 ジュネーブ住民投票
Finmaのロゴ

おすすめの記事

スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」

このコンテンツが公開されたのは、 スイス金融市場監督機構( FINMA)の新長官に就いたシュテファン・ヴァルター氏は、監督権限の強化を求めていく立場を明確にしている。非協力的な銀行経営陣をFINMAが解任する権限も必要だとみる。

もっと読む スイス金融当局新トップ、「経営陣の個人責任を追及」
花粉症の女の子

おすすめの記事

高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

このコンテンツが公開されたのは、 花粉の飛散量が高まるとアレルギー患者の血圧を上昇させることが、スイスの研究で分かった。女性や太りすぎの人では特に影響が大きい。

もっと読む 高濃度の花粉で血圧上昇 スイス研究

swissinfo.chの記者との意見交換は、こちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部

SWI swissinfo.ch スイス公共放送協会の国際部