ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ダボス会議の裏側 世界経済フォーラムの中心部へ

レマン湖を望む丘に建つ世界経済フォーラム(WEF)本部に、外部の人が立ち入り許可を得ることはめったにない。だが、2014年スイス報道写真家大賞を受賞した写真家マーク・ヘンリーさんは特別に許可をもらい、警備厳重な建物の内部をカメラに収めた。

1971年に設立されたWEFは、創設者のクラウス・シュワブ氏が今も実権を握っている。ニューヨークと東京にも事務所があるが、最近はダボス会議に向け、ジュネーブ本部に業務が集中している。朝7時から始まる会議の最終準備をするために、スタッフが遠くから飛行機でやってくる。

本部建物が完成したのは98年。2010年に拡大工事が行われた。自分の部屋を持つのはシュワブ氏だけ。湖を見渡せるテラス付きだ。他のスタッフは皆、間仕切りのない部屋で働いている。

仏経済誌によると、14年のダボス会議では56カ国から550人のスタッフが勤務。そのうち93%が修士号取得者だった。6割が女性で、そのうち4割が上級職。使用言語は英語だ。

(写真・ Mark Henley/Panos、文・swissinfo/Mark Henley)