Navigation

大きな鐘の誕生日

大鐘の400周年を祝うベルンの町

このコンテンツは 2011/09/20 09:58

ベルン大聖堂の大鐘が鋳造されたのは1611年9月14日。20世紀半ばまで人の手によって鳴らされていたが、鐘の舌に叩かれて鐘を鳴らす人が死亡するという事故が起こり、自動化されることになった。2011年秋、ベルン大聖堂は10音を奏でる鐘の400周年を祝う(SF/swissinfo)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。