Navigation

朗読『スイス傭兵ブレーカの自伝』最終回

プロイセン兵士の格好をしたウーリは、ようやく愛する故郷、待ち焦がれた我が家に帰り着きました。愛しいアンネはいとこの手に渡っていましたが、みんなから大歓迎を受けたウーリは幸せをかみしめます。

このコンテンツは 2011/03/07 08:44

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?